古いパソコンやスマホを使っている人は要注意!TLS1.0/1.1の無効化について

ブログ運営

MacBookとメタニウムDC

2018年6月12日以降、当ブログはTLS 1.0/1.1 を無効化いたします。

「はぁ?」とか「はよ魚釣って来いや!」とか「2万年早いわ!」などと思った皆さん。

実は、TLS 1.0/1.1 の無効化により、古いパソコンやスマホではこのブログを閲覧することができなくなってしまうのです。

「いい話だなぁ」や「ゴミブログの閉鎖おめでとうございます!」や「すっきりしました」などと思った皆さん。

あなたにとって決して無関係ではないTLS 1.0/1.1 の無効化に関して簡単に説明します。

TLS 1.0/1.1 の無効化って何?

「TLS 1.0/1.1」とは、インターネットで利用されている暗号化技術のことです。

このTLS 1.0/1.1には色々と問題点があることが分かっています。

具体的にいうと、「暗号化したはずの個人情報(氏名、住所、クレジットカードの番号など)が第3者の手に渡ってしまう」といった不具合です。

したがって、TLS 1.0/1.1を使用し続けることは非常に危険であり、利用するのは止めようという世界的な流れがあります。

今回、当ブログが稼動しているサーバーにおいても、TLS 1.0/1.1の利用を停止し、無効化されることになったわけです。

古いパソコンやスマホだとYahoo!Japanも見られない

TLS1.0/1.1の無効化は当ブログだけの話ではありません。

今後、全世界の様々なWebサイトやブログにおいてもTLS1.0/1.1が無効化されます。

つまり、古いパソコンやスマホで閲覧できないWebサイト、ブログがでてくることになります。

その一つとして挙げられるのが皆さんご存知の「Yahoo!Japan」です。

Yahoo!Japanでも2018年6月1日からTLS1.0/1.1が無効化されます。

したがって、2018年6月1日以降、古いパソコンやスマホだとYahoo!Japanが見られなくなります。

しかも、この流れはもう誰にも止められない!(キリッ)

ゆくゆくは全世界の多くのWebサイトがTLS1.0/1.1の利用を停止するため、古いパソコン、スマホでは閲覧できなくなってしまうことが予想されています。

ではどうすればいいのか?

影響を受けるのは以下に掲げた古めの環境だけです。

ここ数年以内に購入したパソコンやスマホであれば、何もする必要はありません。

ガラケーでインターネットを使うのは、今後非常に難しくなりそうですね。

影響を受ける主な利用環境

PC

  • Internet Explorer 10.0以前
  • Mac OS X 10.8以前のSafari
  • Google Chrome 29以前
  • Firefox 26以前

スマートフォン

  • Android 4.4以前の標準ウェブブラウザ
  • iOS 4以前の標準ウェブブラウザ
  • Google Chrome 29以前
  • Firefox 26以前

ガラケー/フィーチャーフォン

  • すべての環境で影響を受けます

IT機器はそこそこ新しいものを使いましょう

毎日のように技術が進歩していく現代。

より安全にインターネットを利用するためにも、古い機器の使用はなるべく避け、新し目の環境で利用しましょう。

つまり、IT機器と奥さんは新しい方が良いということ!(キリッ)

以上です。