冬に良く釣れる「新堀舟溜り」での釣行報告とポイント紹介 2016年1月17日

2016年1月17日「湖西」釣果報告

冬も深まる1月中旬、新堀舟溜りへ出撃。

釣行記録が残っていないため、冬でも釣れるポイント「新堀舟溜り」について紹介する。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年1月17日 朝の部
  • 新堀舟溜り

釣行報告

写真が残っているだけで、記録はなし。小さめのノーシンカーワームでネチネチする釣りを展開したと思われるが、魚に触ることはできなったと思われる。新堀舟溜り

恐らく使用したのは「ゲーリーヤマモト ヤマセンコー2インチ」。

これをひたすらリフトアンドフォールする釣り。

これで反応が無ければ魚がいないと考えて差し支えない。

残念ながらこの日は異常なし。

冬の釣りは寒さとの戦い。過酷な環境であることに加え、なかなか釣れない。ただの修行である。

さて、これ以上書くことがないので、この日釣りをした冬のおすすめポイント「新堀舟溜り」を紹介する。

冬のおすすめポイント「新堀舟溜り」

この時期は新堀舟溜りによく出撃していた。秋口は見えバスが大量で、良く釣れたからである。

新堀舟溜りは、ミオ筋(船が出入りするところ)以外は閉鎖された場所なので、本湖に比べて水温が安定しており、風や並みの影響も受けにくい。

したがって、冬に魚が集まってくる越冬ポイントとなっており、冬でも魚が釣れる場所である。

「新堀舟溜り」での冬の釣り方

新堀舟溜りでおすすめの場所は、船が係留されている場所周辺。船底の下にバスがついている姿が見えることもある。

ここに小さめのワーム、たとえば「ゲイリーヤマモト ヤマセンコー2インチ」などをふわふわさせておくと、小バスが釣れる。

しかし、時期や日によってはなかなか釣れない。水温が安定しているとはいえ、気温変化や水質の変化によって居場所を変えるのであろう。

釣れないときはボトムを狙え

見える位置に魚がいないときは、ボトムを狙ってみてはどうだろうか?

多くの漁港の最深部は漁港の中央である。釣れないときは漁港の中央部のボトムをネチネチすると釣れるかもしれない。

また、冬でもウィードが残るピンスポットがある。そこを重点的に探っていくと、思わぬ大物に出会えるかもしれない。ピンの場所は釣り人の動きを見れば分かるはず・・・

冬に釣りたい人は是非試してみて欲しい。

総括

今回の釣行では釣れなかったが、新堀舟溜りは冬でも良く釣れるおすすめポイントである。

良くつれるがゆえに、バス釣り以外の釣り人、鯉釣りの老人が非常に多い。

周りの迷惑にならないよう冬の釣りを楽しんでいただきたい。