春のスポーニング期に湖西エリアをランガンしてきた話 2016年3月12日

2016年3月12日

 

春といえばスポーニング、デカバスが釣れる時期。というわけで、産卵を迎えたデカバスを水揚げするために湖西エリアへと出撃。

最北端から南下しつつ各所を探っていったが無。安定の北小松漁港で小バスを水揚げするだけの結果に終わった。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年3月12日(土) 7時半頃~17時頃
  • 知内漁港
  • 貫川内湖
  • 近江ちゃんぽん
  • 大溝港一帯
  • 北小松漁港
  • 近江舞子(内湖)
  • 膳所

寝坊からスタート

春といえばスポーニング、つまり産卵を控えたデカバスが釣れる時期である。小生もスポーニングというビッグウェーブにのってデカバスラッシュに便乗するため、湖西エリアへ向かうこととした。

よ~しパパ、早朝から湖西エリアに行っちゃうぞ~!と意気込んで寝床についたのはよかったが、気が付いたら時刻は5時55分。「こんなところでフィーバーしてんじゃねぇよ」と自分自身に突っ込みながら急いで支度して出撃を開始した。

目的地は湖西最北の地「知内漁港」。秋はここで小バスの大量水揚げに成功したので、非常に印象がよいポイントである。

知内漁港には7時半頃に到着。まずは現場の写真を撮ろうと思ったが、携帯の電源が入らない。どうやら電池が切れてしまった模様。デカバスが釣れたとしても写真が撮れない危機的状況。

何も釣れない知内漁港

写真が撮れないのは残念だが、仕方ないのでそのまま釣りをスタート。まずは「ジャッカル デラクー」からキャスト開始。

先ほどもいったように、この知内漁港では秋の時期になると小バスがわいてくる。そんな場所にデラクーを放り込むと、キャストするたびに小バスが釣れるので小バス無双が楽しめる場所なのである。しかし今回は無。

続いて「ダイワ TDバイブレーション」でサーチ開始。こちらも異常無し。

時刻は9時頃。到着時は無人だったが、途中から現れた2人組と入れ替わるように小生は知内漁港をあとにした。

帰りがけにふとテトラのあたりを観察したところ、テトラの陰に40UPの姿を確認。サイトフィッシングだ!とTDバイブレーションを投げてみたが、バスはどこかへと消えてしまった。

漁港のギャラリー様(猫)もこの日は一名のみ。船溜りにも生命感無し。完全異常無しの知内漁港。第二の雄琴港と呼ばせてもらうこととする。

貫川内湖(ぬけがわないこ)は野池のようであった

知内漁港をあとにした小生が向かった先は以前から気になっていた「貫川内湖」。まぁ、読めない。「貫川内湖」と書いて「ぬけがわないこ」と読むらしい。

貫川内湖は野池のような雰囲気のポイントであった。排水先の水たまりに10cmほどの小バスを確認。未来のモンスターたちである。

他にも水面で波紋が起きるなど生命感は豊富。が、異常は無し。途中でTDバイブレーションが2回ほど殉職しそうになったが奇跡の生還を遂げる。

いかにもスポーニングポイント!という雰囲気の場所だが、近年ではあまり釣れなくなったとの情報もあることから、今後再訪するかどうかは微妙なところである。

強風の大溝テトラエリアも不発

ええ加減携帯を充電しなければならない。もしかしたらこうしている間にアメリカ合衆国大統領から電話がかかってくるかもしれないからだ。

ということで今津のケーズデンキで車用充電器を購入。これでローマ法王から電話があっても一安心。

腹が減ってきたので11時の開店を待って「ちゃんぽん亭総本家 今津店」へイン。安定のうまさであった。ちなみにここの「ご飯(ライス)」は水分が少ないようでパサパサしていてうまくない。もっと水を入れろと教えてあげたい。

満腹になった小生が向かった先は「大溝テトラエリア」。この界隈をバイブレーションでランガンする作戦。

幾度となく殉職の危機に直面したが全員無事に帰還。

釣りをしているとだんだん風が強くなってきた。釣りがしにくい状況になったが、そのままランガンを決行。

ウィードが沖の方にあるようで、そのあたりを狙って巻き続けたが無。風がなければ50UPゲットだったんですがね~。

安定の北小松漁港で小バスを水揚げ

ここまで何の反応もない。このままでは帰れないので安定のポイントへ向かうことに。

向かった先は「北小松漁港」。ここなら小バスが釣れるはず。

期待通り小バスが釣れた!

次は近江舞子の内湖へイン。ボートで釣りをしている人やバイブレーション?をしゃくっている釣り師も確認。

風裏だと思ってやってきた近江舞子だったが、西風には弱かった模様。風が吹き荒れていて釣れる気がしない。マジレスすると、3月中旬でも北方面はまだ冬。素人には早すぎた。

最後に南湖「膳所」で思ったこと

北湖は無理っ!と考え、一気に南下して膳所へイン。やはりここも強風。

膳所城趾南側で投げ始めるも、風が強くて釣れる気がしない。しかし、近くに強風の中釣りに興じる釣り師が複数いたため、同じように投げ続ける。

風が弱いワンドに移動するが異常無し。17時頃で終了とした。今日も琵琶湖は異常がなく平和であった。

この日の総括。北湖は3月でも冬のような感じ。素人にはおススメできない。したがって、YouTubeで釣り動画でも見て妄想がおススメ。これに尽きるということである。