春のスポーニングポイントで48cm大型バスの捕獲に成功 2016年3月17日

2016年3月17日「南湖」釣果報告

琵琶湖大橋西詰で釣ったブラックバス

ここまで小バスしか釣れていなかったが、この日新規開拓したポイントにおいて48cmの大型バスの捕獲に成功する。

釣ったルアーはバイブレーションの代名詞的存在である「ダイワ TDバイブレーション」。

狙ったわけではなく出会い頭の事故で釣れた一匹ではあるものの、春バスを捕獲できたことは今後の自信に繋がるものと思われる。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年3月17日 朝の部
  • 北小松漁港
  • 琵琶湖大橋西詰
  • 木浜
  • 由美浜

まずは北小松漁港で小バスと戯れる

いつも通り早朝5時半に北小松漁港へイン。最近はここで小バスばかり釣って楽しんでいる。

先行者(車)がいたものの、しばらくすると去っていった。冷やかしだった模様。

時刻は5時半だというのに既にこの明るさ。水面には波紋多数。魚の活性は高そうである。

春の早朝の北小松漁港

ここ北小松漁港ではギャラリー(猫)が出迎えてくれる。というか釣った魚を目当てに近づいてくる。おはようございます

北小松漁港の猫

北小松漁港の冬の爆釣メソッド「メタルバイブによるひっかけ釣法」で、この日も十数匹を水揚げ。

ひっかけ釣法の弱点である根掛かりにより、メタルバイブ1個が殉職。ただし安物のメタルバイブなので被害は少ない。

春の北小松漁港

見た目にも魚の動きが良くなっている。春の予感がする。

新規開拓「琵琶湖大橋西詰」で48cmを捕獲

小バスと戯れた後、橋を渡って新規開拓することにした。琵琶湖大橋西詰である。

春の琵琶湖大橋西詰

ここは春のスポーニングポイントとして有名。ということは特に意識せずにポイントインした。

ここではバイブレーションを投げる。「ダイワ TDバイブレーション」のタイプRワカサギカラーである。

橋の真下に陣取ってキャスト開始。何回か投げていると、急にウィードに引っ掛かったような重みがロッドに乗る。なんとなく異常を感じ反射的にフッキング。

思いだけか?いや!動いてる!魚や~ん!てな感じで魚と気づく。ちらりと見える魚体はデカイ。頼むからばれないで、とらせてくれ~~。

やっとのことで水揚げ。やった~~ついに来た~~~~!!

もう長さの単位をミリで表現しない。センチで表現する。

琵琶湖大橋西詰で釣ったブラックバス

48cm来た~~!

琵琶湖大橋西詰で釣ったブラックバス

琵琶湖大橋西詰で釣ったブラックバス

この橋と橋のど真ん中あたりで釣れた。橋脚の際に投げて巻いたら食ってきた。「TDバイブレーション タイプR ワカサギカラー」で釣れた。本当に手と足が震えた。

琵琶湖大橋西詰

あとは適当に南湖を周回

48cmのバスを釣り、気持ちよく橋を渡って木の浜へ移動。

南湖東岸「木の浜」

そして残念なことに、本日の英雄「TDバイブレーション タイプR ワカサギカラー」。
が殉職する。無謀にも杭が並んでいるところに投げたところ、飛びすぎて絡んでしまい殉職。やってしまった。

非常に良い天気であった。ここでも釣れそうな雰囲気であったが、異常無し。

その後、来来亭経由でブンブンへ。ブンブンの品揃えはいいが販売価格が高い。

最後、一気に南下して由美浜へ。

南湖西岸「由美浜」

ここでは安物バイブレーションをマシンガンキャスト。結果、給水口?に根掛かりして本日二個目の殉職。

本日の基本金取崩額(ルアーの損失額)は1,300円となった。この事態を受け、再度TDバイブレーションを補充する予定。加えて、「ゲーリー ハートテール」も購入予定である。

春バスを釣った総括

この日の48cm捕獲劇は米プラの奇跡。もとい、米プラでの事故である。

たまたま釣れただけだが引きの強さを担当することができ、バス釣りの醍醐味を味わうことが出来た。

なぜ釣れたのかを考察する力があればよかったのだが、ただただ釣れた喜びに有頂天となってしまった。

まぁ、そんなことがあってもいいだろう。今後の展開に期待である。