春の近江大橋・膳所港で巻き続けたが夜は寒いだけであった 2016年4月16日

2016年4月16日「南湖」釣果報告

春の南湖「近江大橋」「膳所港」で、巻き物だけで夜釣りをしてきた。結果は安定のボウズ。

4月中旬ではあるが、夜は非常に冷え込む琵琶湖であった。

琵琶湖

釣りに行った日時・場所

  • 2016年4月16日 夜の部
  • 近江大橋西詰
  • 膳所港

釣行報告

記録がほとんど残っていないが、ボウズに終わった模様。

近江大橋の西詰あたりから釣り始め、膳所港までいき、折り返して終了したものと思われる。

「ダイワ TDバイブレーション」「ゲイリーヤマモト ハートテール」を使って、ひたすら巻き続けてランガンしたようである。殉職はなし。

バイブレーションは飛距離が出るので、キャストするだけでもある程度は楽しめる。巻いていると手元に振動も伝わってくるので、キャストと巻きだけで満足してしまったのか?

ハートテールも高比重ワームで飛距離が出る。巻くとウォブルする様子も伝わってくる。飽きずに釣り続けられるが、投げる場所やレンジを考えて投げないと釣果には繋がらない。

4月でも夜は寒い

4月中旬ともなれば、日中は暖かくすごしやすい気温である。しかし、夜はまだまだ冬を感じさせられるほど寒い。

釣りをする時は日中の格好では寒すぎるので、それなりの防寒対策をした上で釣りに行くようにしなければならない。

ただ、まれに温かい夜がある。そんな夜はねらい目で、化け物が出るとよく言われる。釣りをするにあたっては、気温の変化などにも気を配る必要がありそうだ。