小鮎が群れていた春の南湖東岸で色々なルアーを投げたが反応なし 2016年4月24日

2016年4月24日「南湖」釣果報告

暖かい春の日の午前中から南湖東岸へ出撃。

異常なまでに釣り人が多い中、色々なルアーをキャストしてみたが異常なし。

ポイントを変更して、あちこち探ってみたところ、TDバイブレーション2個殉職という悪夢が待っていただけであった。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年4月24日(土) 昼の部
  • 木浜、木浜の水路、膳所

人が多すぎる木浜で釣りをする

春の週末の南湖東岸「木浜」。予想通り釣り人が大量にいる。

しかも隣人との距離が近い。前にしか投げられない状態。この状態で釣りをするのは公卿に近いものがある。

岸際を目視すると、小魚の群れが接岸している。これは小鮎か?

ちなみに、子鮎と稚鮎は違うということをご存知だろうか?

子鮎(コアユ)は、琵琶湖など、海と遮断された所でみられるアユの一種であり、成長しても10センチくらいにしか育たないアユのことをいう。

一方、稚鮎はアユの稚魚(子ども)のこと。成長すると大きいもので30cmくらいになるものもいる。

琵琶湖にいるアユは小鮎である。琵琶湖で釣りをするなら知っておいたほうがいいだろう。

いろんなルアーを投げてみたが異常なし

まずは巻き物からスタート。

スピナーベイト、バイブレーションを投げまくる。当然異常なし。

続いてヘビキャロに挑戦。三叉ヘビキャロではなく、普通のヘビキャロ。

周りの釣り人が岸近くを狙っている中で沖を狙うことができるヘビキャロ。これは釣れる。

そう信じ続けて投げ続けたが、何も起こらない。

最後にネコリグをキャスト。これも異常無し。

誰も釣れていない。釣れる気配なし。

来来亭を経由して木浜水路へイン

昼近くになり腹が減ったので、来来亭へイン。安定のから揚げ定食を食した。

その後、木浜水路へ向かった。

ここでもまずは巻き物からスタート。TDバイブレーションをマシンガンキャスト。

非常にもTDバイブレーションは殉職。岸際の土嚢、もしくは網に引っ掛かった模様。

これは絶対に取れないやつ。以前、デラクーも同じような形で殉職した。そのときと同じパターン。反省が活かされていない、情けない

そしてここでは釣れる気がしない。

周辺をうろうろしていると、ネストらしき場所を発見。40UPのバスがその周辺をうろうろしている。

ためしにラバージグを近くにキャストし、ネチネチしてみたが無反応。なんでやねん。

リアクションバイトを誘発するため、TDバイブレーションを投げてみたが、再度殉職。

完全にハニーポットであった。

ポイント移動「膳所」へ

一気に南下して膳所へイン。

ここでは多分風が強かったと思われる。普通のルアーでは飛んでいかないので、空気抵抗がすくないメタルバイブを選択。

メタルバイブなら風が強くてもぶっとんでいく。

風に向かってひたすらメタルバイブを投げ続けたが、異常無し。

ここで終了となった。

木浜水路での根掛かりにはくれぐれもご注意を

木浜水路にはいろんなものが沈んでいる。特に岸近くには土嚢や網が仕込まれている。

よって、巻き物系ルアーを使う場合などには、手前付近は回収に専念すべき。変に岸際まで巻き続けると殉職してしまう。

殉職してテンションが下がると、釣れるはずの魚も釣れなくなってしまう。琵琶湖のゴミにもなってしまうので、くれぐれも注意すべきである。