春の琵琶湖ホール裏釣行とルアーローテーションについて 2016年5月1日

2016年5月1日「南湖」釣果報告

ゴールデンウィークに突入した琵琶湖へ出撃。琵琶湖ホール裏でありとあらゆるルアーをキャストし続けた、何も起こらずボウズで終了した。

闇雲にルアーを変えればよいわけではない。ルアーローションについて簡単に解説する。

たくさんのルアー

釣りに行った日時・場所

  • 2016年5月1日 朝の部
  • 琵琶湖ホール裏

釣行報告

朝の4時半起床。完全に寝坊してしまった。急いで準備を整えて、最近のホームグラウンドである大津の琵琶湖ホール裏へ向かう。

5時過ぎに現地着。釣り人の姿はまばら、間に合ったようだ。

いつも通りダイワ TDバイブレーションから開始。異常無し。

次にダイワ ピーナッツ2。こちらも何も起きない。

続いて、釣れる気がする大本命のジャッカル フリックシェイクをキャスト。全く魚からの反応が無い。なんでやねん。

その後も、ジャッカル デラクー、フリックシェイク(再)、ゲイリーのカットテール、ゲイリーのヤマセンコー、フリックシェイク(再々)とルアーチェンジしながら投げ続けるものの、ギルバイトがあるくらい。

結局、バスは釣れず、ワームを3本ロストしただけで終了となった。

ルアーを変えれば釣れるわけではない。

ルアーをチェンジすることで釣ろうと試みたが、魚からの反応は得られなかった。それもそのはず、単にルアーをチェンジすれば釣れるわけではないからである。

ルアーをチェンジするのは、釣れていない人間側の都合。そんな人間の都合に魚があわせてくれるはずはない。

当たり前のことであるが、魚の都合にあわせたルアーチェンジをしないと魚は釣れないのである。これが分かっているかどうか、行動にうつせているかどうかで釣果が変わってくる。

ルアーローテーションに目的をもたせる

「このルアーを使って釣りたい」というこだわりがあるのなら、そのルアーを使えばよい。

そうではなくて、その日その時の状況にあわせた釣りで魚を釣りたいのであれば、魚の都合で釣りをしなければならない。

となると、ルアーローテーションに意味、目的を持たせなければならない。以下の通り、意味のあるルアーローテーションと意味のないルアーローテーションの一例を挙げておく。

意味のあるルアーローテーション

  • 水面表層を狙いたいからフローティングミノーをゆっくり巻く
  • 中層を巻きたいからサスペンドミノーを使う
  • ボトムをずる引きしたいのでテキサスリグにする

意味があるとは言いがたいルアーローテーション

  • フリックシェイクで釣れないから、カットテールを使う(何のためのローテーション?)
  • カットテールで釣れないから、さっき使ったフリックシェイクを使う(同じことをしても基本的には釣れない。)
  • TDバイブで釣れないから、先日釣れたデラクーを使う(巻物から巻物へのローテ。先日釣れても今日釣れるとは限らない。)

うまく表現し切れていないが、分かっていただけるだろうか?なんとなくルアーをチェンジしたり、昔の思い出だけでルアーチェンジしても、あまり意味はないということである。

ルアーを引くレンジやスピード、シルエット、アクションなどを色々と試せるルアーローテーションを行い、魚の都合にあわせた釣り方を探さなければならない。それがバスフィッシングであり、バスフィッシングの醍醐味のはずである。

総括

頻繁にルアーを変えるだけで釣れる時もある。しかしそれは偶然つれたと考えるべきであろう。

必然で釣りたいのであれば、魚の都合に合わせなければならない。そう考えると、闇雲にルアーをチェンジすることのおろかさに気づくだろう。

自身のルアーローテーションはどうだろうか?今一度自分の釣り方を見つめなおし、目的、意味のあるローテーションをおこなっていきたいものである。

【参考】北小松漁港釣行報告とルアーのカラー選択論について 2016年2月11日