小雨の南湖東岸「志那」でヒシ藻の周辺を狙ってみた 2016年5月28日

2016年5月28日「南湖」釣果報告

 

小雨が降る中、南湖東岸「志那」へ出撃。

魚の活性は高いようで多数のバイトが得られたが、すべてブルーギル。

小バスを数匹釣ることはできたもの、大量のブルーギルを釣って終了。

ねらい目はヒシ藻の下だったのだろうか?

釣りに行った日時・場所

  • 2016年5月28日 日中の部
  • 南湖東岸 志那 曇り 風1 やや小雨

ローライトの南湖東岸「志那」へ出撃

この日は奥さんが出勤の日。

よって9時頃からフリータイムがスタート。

10時前に南湖東岸「志那」に着。

志那にはこれまでほとんど行ったことがなかったので、開拓するために選定した。

天候は曇り。

ここ最近の釣行は晴れることが多かったが、久しぶりの曇りである。

いわゆるローライト。しかも小雨まじり。

釣れる気しかしない。今日は40アップが何本上がるだろうか?

活性は高そうだがブルーギルだけ

まずは駐車場前から釣りを開始。

最近ハードルアーで釣れる気がしないため、弱気の「ゲーリーヤマモト カットテール4インチ」をノーシンカーリグで使用する。

投げるたびにギルアタックがある状況。生命感があって大変よろしい。

以前はブルーギル絶滅説もあったくらい、ブルーギルの姿を見かけなかった。

奴らは一体どこに潜んでいたのだろうか?

そんなことを考えながら、ひたすらカットテールを投げ続けたがギルがツンツンつつくバイとだけ。

バイトはあるものの、のらない。ギルギルギル。つまらん。

ランガンしてカットテールを投げたおすがギルギルギル。

ギルギルギル。

琵琶湖のブラックバスは絶滅したようである。

ヒシ藻の際に投げ入れると小バスが釣れた

志那周辺はウィードが多いことで有名。

下の写真のようにヒシ藻が多く群生しており、雰囲気はいい。

そんなヒシ藻の際にカットテールを投げ入れると、獰猛なブルーギルが襲ってくる。

果敢にヒシ藻の際をめがけてカットテールを投げていると、やっと釣れた。

”志那のヒシ藻”

10cm台の小バス。サイズは小さいがやっと釣れたので感激。

ギル祭開始

やっとバスが釣れたと思ったら、今度はブルーギルが大量に釣れた。

いわゆるギル祭りである。いろいろな場所で6匹ほど水揚げ。もうええちゅうねん。

”志那のヒシ藻”

ヒシ藻の様子はいい感じである。

”志那のヒシ藻”

ねらい目はヒシ藻の際ではなく、真下なのか?

とすると、ラバージグやテキサスリグでヒシ藻の下を狙うべきだったか?

テトラ沿いはやはり釣れる

志那エリアにあるテトラ帯までやってきた。

”志那エリアのテトラ”

テトラ沿いに「ジャッカル フリックシェイク」を投げたところ、20cmアップの小バスが釣れた。

そしてギルも釣れた。やはりテトラには魚が集まってくるようである。ねらい目である。

そんな感じで釣り続け、15時半になったところで終了。

昼食も水分補給もなく釣り続けた次第である。

帰りがけの志那は多くの人で賑わっていた。

いわゆるリア充というやつか。

”志那でレジャーを楽しむ人々”

リア充の楽園、リア充の巣窟、リア充の溜まり場であった。