荒れる琵琶湖ホール裏を前に何もできないまま釣りを終了した 2016年6月5日

2016年6月5日

荒れる琵琶湖

嵐のような中、琵琶湖ホール裏へ出撃。冬期修行のおかげで苦ではないが釣りにならない状況。

携帯電話の電池が無くなったところで帰路についた。何をしに来たのか分からない。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年6月5日 3時半頃~5時頃
  • びわ湖ホール裏
  • 雨 強風

嵐のような琵琶湖へイン

よく考えると、もう6月である。デカバス月間である。

本日は久しぶりに雨、雨の中の釣行である。雨で油断した50アップたちを根こそぎ釣り上げます。

3時半過ぎに琵琶湖ホール裏(アヤハディオ前)に到着。

強い雨と強い風。そこにあるのは嵐の琵琶湖。しかし冬期中の苦行のおかげで苦に感じない。

苦ではないが釣りにならない琵琶湖

桟橋の東側で釣りを開始。強風。白波で湖面が波うっている。いわゆる時化というやつである。

バイブレーションを投げても、どこに飛んで行ったか分からない。

「ゲーリー カットテール」ノーシンカーを前に投げても左に飛んでいく。

なにこれ?釣りをするのは無理である。

と普通なら思ってしまうところだが、この状況下で油断した50アップがそのあたりにうじゃうじゃいるはずなので投げ続ける。

ここで、なぜか吐き気がしてくる。釣りを中断して雨宿りできる場所に退避。そして小休止。

琵琶湖はこんな状況である。

荒れる琵琶湖

こんな日でも釣り人はいる

雨宿りしながら、「誰もいねーなー」と思っていたら、いつもの水門あたりに一人いた。

荒れる琵琶湖で釣りをする人

こんな日に釣れるはずがないのに。ただの修行僧である。

この修行僧を撮影した直後、携帯電話の電池がなくなり起動不能となる。

これから50アップを釣り上げるところだったのに、写真が撮れないのでは仕方がない。

異常なしということで、5時に終了。デカバスを釣る予定だったのにもったいない。