におの浜テキサスリグでバイト多数!しかし全てバレる 2016年6月11日

2016年6月11日「南湖」釣果報告

びわ湖ホール裏での釣行報告。

バイトがたくさんあったものの、それと同じ回数バレてしまう。

フックに問題があったようである。

釣行の様子から反省会の様子までご覧いただこう。

釣りにいった日時・場所・天候

  • 2016年6月11日
  • におの浜(びわ湖ホール裏)
  • 曇り、風1。

まずは巻物でサーチ

3時前に現地着。

桟橋横で釣りを開始。

まずはスピナーベイトでサーチ。

30分ほど周辺をランガンするがノーバイト。

テキサスリグでバイト多発、しかしバレ続ける

次に、先日の釣行でいい思いをしたテキサスリグ。

エサは「ゲーリーヤマモト グラブ4インチ」。

数投でバイト、まあまあ良さそうなサイズ。

が、ジャンプ一発でバレる。

エェェ、マジで?

しかも糸が絡まり修復不能になってしまう。ラインを大量消費。

リグを作り直して再開。

投げ続けると、またヒット。これまた良型。

そしてジャンプ一発でバレる。マジすか。

投げ続けるとまたヒット。しかもまあまあサイズ。

ジャンプする前にバレる。マジすか。

スピニングタックルがダメなんだと判断。

ベイトタックルに持ち替えて再度テキサスリグで再開。

投げ続けると、コンというあたりの後、竿に重みが乗る。デカそうである。

合わせると乗る。しかもでかい。ジャンプする前にラインブレイク。マジすか。

小バスを釣って終了

投げ続けるが、その場は音沙汰なし。

ホール裏の方へ移動し、フリックシェイクで10cm程度のバスを釣り上げる。

ワームを「O.S.P ドライブクロー」に変更すると、25cmくらいが釣れる。

以上で終了。バレまくりは精神的にきつい。

バレた理由の特定と再発防止

バレた理由を考察。

今までバラすことはほとんどなかったので、腕の問題ではないと推察。

よって道具に問題あり。

4インチグラブにオフセット#1を装着していたのが原因と推測される。

フックサイズが小さく、フッキング時にしっかりかかっていないのでは??

写真のフックがバラシ祭りを引き起こしたと思われる。

よって、フックを変更することとした。

早速近所釣具屋ブンブンに調達へ。

ゲイブの深い#1/0を調達。これでいけるはず。

ついでにワッキー用フックを調達。

さらに、タングステンシンカーを試してみることに。

3/16oz(5グラム?)のシンカー、4個で500円。高っ!

これで明日(というか今日の未明)の駆除活動は奏功するはず。

このフックが手元にあった。これでもいけるな。