春の打出浜ではテキサスリグを投げたら入れ食いになる 2016年6月12日

2016年6月12日「南湖」釣果報告

昨晩はバイトが多数出たにも関わらず、ばらしまくるという結果に終わった。

この反省を活かして準備を整えたので、この日も早朝から出撃。

狙い通りテキサスリグで40UPを水揚げしたあとも、サイズは小さいながらも吹く数匹をキャッチ。

久しぶりに満足の行く釣行となった。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年6月12日 朝の部
  • 打出浜 風1 曇り (夕方から雨の予想)

昨日ばらしまくった反省を元に準備を整えた

昨日のバラシ祭りから一夜明け、今日も打出浜へ出撃。

バラシまくった反省を元に準備は万端。今日こそはデカバスを水揚げする所存である。

テキサスリグで40UPゲット

3時前に現地着、真っ暗な中釣りを開始。

昨日と同じポイント、アヤハディオ前の桟橋付近に陣取る。幸い誰もいない。

前から持っていたオフセットフックに4インチグラブを装着。シンカーは、昨日調達した3/16ozのタングステンシンカー。

これをベイトタックルでキャストする。完璧なタックル構成。

まずは1投目。反応なし。

アクションはチョンとあおった後5秒ほどステイ。これの繰り返し。簡単である。

続いて2投目を投げると、コツコツとしたバイト。

昨日の反省を活かし、あわてずロッドで聞いてみる。微妙に引っ張っている模様。しかし、ギルではない。

5秒くらいしてから思いっきりフッキング。

乗る。キターーーー。

無茶苦茶引く。デカそう。これは50UPやろ。頼むからバレないで。お願いします、バス神様。

魚がジャンプする。が、バレず。しっかりフッキングできている模様。

はねる水音がでかい。これはでかい。

お久しぶりです、40アップ。

お帰りなさい、40アップ。ありがとう、バス神様。

サイズはジャスト40cmであった。久しぶりの40UPである。

2投目で仕留めるという狙い通りの釣り。ありがとうございました。

ただ、フックは思いっきり飲まれていた。さらに、フックを外している最中にタングステンシンカー1個をロスト。150円の損失。

スピニングタックルでライトテキサス

その後もテキサスリグをキャストし続けたが1時間異常なし。

バイトはあるものの、あわせてものらない。たぶんブルーギルだと思われる。

ここでスピニングタックルにチェンジ。シンカーを軽めにしてライトテキサス仕様。ワームは同じく「ゲーリーヤマモト グラブ」4インチのテキサス。

こちらも数投で結果が出た。28cmの元気のいいバスであった。

移動先でも入れ食い

以降、魚の気配が消えたため、水門の北側へ移動する。

ここではワームは「O.S.P ドライブクロー(モエビカラー)」にチェンジ。引き続きテキサスリグでキャスとする。

2時間くらいやって、30cmジャストを釣る。

加えて、15cmのバスと10cmのブルーギルを釣った。

以上を持って8時くらいに終了した。

この時期はテキサスリグを投げていれば釣れる!?

この時期はテキサスでいいんじゃね?そんな感じである。

この日は曇り空。ローライトでありながら最低気温は高かったので、魚の活性も良かったものと思われる。

久々に良く釣れた充実した1日であった。