テキサスリグのワームで一番釣れるのは4インチグラブなのか? 2016年6月25日

2016年6月25日

4インチグラブを使ったテキサスリグ釣行を実施。

風が強い中でキャストし続け、合計3匹を釣ることに成功。内1匹は47cm。

ここ最近の釣果のインフレっぷりをバスノミクスと呼ぶこととする。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年6月25日
  • 打出浜 曇り 小雨 風1から3

志那でのカバー撃ちを諦め、いつもの打出浜へ

この日は志那でカバー撃ちを使用かと考えていた。サイズともかく魚からの反応が得られるので非常に楽しめる釣りである。

というわけで早朝から出撃するつもりであったが、痛恨の寝坊。3時過ぎの起床になってしまった。

また、最近、志那で電気ショッカー船が目撃されたらしい。これによって魚影が薄くなっている可能性があるため志那でのカバー撃ち釣行は中止とした。

というわけで、いつもの場所「南湖東岸 打出浜(アヤハディオ前)」へ向かった。。

4インチグラブのテキサスリグは良く釣れる

4時半くらいに現地着。久しぶりに風が強い中での釣りを開始した。

ここ最近の定番である「ゲーリーヤマモト グラブ4インチ」によるテキサスリグの登場である。

開始早々ヒット。37cmくらいの小バスが釣れる。

こんなちりめんじゃこに用はない。

しかも、ウィードに引っかかったかと思い、ウィードから外しにかかると魚だったというイマイチな感じ。気づけよ!

続いて47cmのバスを水揚げ

引き続き4インチグラブによるテキサスリグ釣行。

先ほどと同じようにウィードと思ったら、魚がかかっていたパターン。

こんなんが釣れた。

40アップ確定。まぁまぁサイズ。

47cmくらいか??

しかし、所詮は小バス。50アップ未満に用はない。

釣果のインフレ「バスノミクス」が止まらない

あと追加で一匹を釣る。

25cmくらい。ちりめんじゃこである。

風がだんだん強くなってきた7時過ぎに終了した。

ここ最近の釣果のインフレっぷりがハンパない。

以前は本当に40cm未満の小バスしか釣れなかったが、ここ最近は40アップが良くつれるようになってきた。

釣果のインフレ、これをバスノミクスと呼ぶこととする。

バスノミクスがとまらない。

以上である。