ドライブクローのテキサスリグで初夏の夕まずめに40UP捕獲 2016年7月3日

2016年7月3日「南湖」釣果報告

打出浜で釣った40UPのブラックバス

珍しく夕まずめの打出浜・アヤハディオ前に出撃。

時間が経つにつれて荒れていく琵琶湖。

そんな中、ドライブクローのテキサスリグを使ったところ、40UPを水揚げすることに成功した。

「O.S.P ドライブクロー」は非常に良く釣れるおすすめのワームである。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年7月3日 夕方の部
  • アヤハディオ前

朝の部をスルーして夕方から出撃

この日は朝3時半頃に起床。

しかし、連日の疲れのせいだろうか、体が動かない。

起きる気になれない。

ということで、久しぶりに朝の部はスルーすることとした。

そして昼からは奥さんの実家へイン。

特にやることがない。

奥さんと交渉した結果、琵琶湖への出撃許可が下りた。

愛する家族を残し、夕まずめの琵琶湖へ出撃した。

テキサスリグとヘビキャロでサーチ

16時頃に打出浜(アヤハディオ前)に到着。

”打出浜(アヤハディオ前)”/

到着時は強い日差しと強風。

早速、いつも通りテキサスリグで周辺の探索を開始。

反応無しである。

続いてヘビキャロに挑戦。

ここに来る前に立ち寄った釣り具屋調達した1ozの中通しシンカーを使用。

キャストを開始すると、あることに気づいた。

全然飛んでいかない。

風が強く、リールは16スコーピオン70、ラインはフロロライン。

飛距離が出る要素がない。

やはりヘビキャロをするなら、それなりのリールにナイロンラインでも巻いてやらねば飛距離がでない模様。

ドライブクローのテキサスリグは釣れる

ヘビキャロはそうそうに諦め、再度テキサスリグにチェンジ。

シンカーはいつもより重めの1/4oz。

ここで「O.S.P ドライブクロー」を簡単に紹介。

やわらかいようで張りのある素材でできているせいだろうか、水中でよく動くイメージ。

針持ちもそこそこ良い。ザリガニの腕が一本取れてしまうことがあるが、一本になっても問題なく釣れる。

下の記事のようによく釣れる。

時化た琵琶湖で40UP捕獲

天候が変わり始める。

途中から曇り始め、冷たい北風に変わる。向かい風である。

遠くに見える堅田周辺は暗く見える。恐らく現地は豪雨だろう。

風が強く、時化てきた。結構な荒波で、釣れる気がしない。

が、ドライブクローのテキサスリグを投げ続ける。

ここまで完全ノーバイト。そろそろやばい。

今日もダメかと思いつつ投げていたところ、「グングン、グーン」と持っていくバイト発生。

きたーーー!

あわせるとそこそこの重量感。まあまあなサイズの模様。

ヘビーロッド(シマノ ゾディアス172H-2)なので、そのまま抜きあげて水揚げ。

打出浜で釣った40UPのブラックバス

ジャスト40cmといったところ。

小バスだが、まあいいだろう。

このまま釣りをし続けたかったが、守山方面に雷光が見える。

やっべぇよ。

まだこの周辺では雷がなってはいなかったが、大事をとって17時半頃に終了とした。

ドライブクローの能力の高さを痛感する釣行となった。