釣り人が大量にいた南湖東岸「北山田」と「打出浜」での釣行報告 2016年7月10日

2016年7月10日「南湖」釣果報告

南湖東岸「北山田」

最近通っていた打出浜・におの浜を離れ、南湖東岸「北山田」へ出撃した。

早朝から釣り人がひしめく中、クランクベイトで小バスを1匹釣る結果に終わる。

このままでは帰れないということで、いつものアヤハディオ前にインしたが無。

歩インチに入るタイミングの良し悪しの重要性を認識する結果となった。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年7月10日 朝の部
  • 北山田1、アヤハディオ前
  • 曇りのち晴れ

南湖西岸を離れて南湖東岸「北山田」へイン

ここ最近は南湖西岸の打出浜やにおの浜に入り浸っている。

正直言って、マンネリ化しているといっても差し支えない。

そこでマンネリ化からの脱却を目論み、早朝から北山田に出撃することとした。

前日はワクワクしすぎてほとんど寝られなかったものの、興奮状態のため眠くない。

3時半頃に現地に到着。

こんな時間なら人はいないはずと思っていたが、既に駐車場はほぼ満車状態。

君たち、来るの早すぎや。

湖岸には既に大量の釣り人の姿が見える。

君たち、早すぎや。

準備を整え、湖岸道路沿いにテトラ地帯を目指した。

途中にも本当に多くの釣り人がいる。

やっとテトラに着いたと思ったら、当然のように先行者。

なんとか釣り人の間に潜り込み、釣りを開始することとした。

濁ったときはクランクベイト

現在の琵琶湖はウィードが少ないらしい。

そして濁っているらしい。

そんなときはクランクベイトが有効!という事前情報をもとに、アメリカ産のクランクベイトを巻くことからスタート。

表面近くまではウィードが伸びていないようだが、少し潜らせるとウィードに絡まるので

表層近くを巻き続けた。

「ガツン」と巻物ならではのバイトがあり、20cmアップを水揚げ。

クランクベイトで釣れると思っていなかったので、ミジンコサイズだが興奮した。

一匹釣った以降は反応がなくなったため、いつも通りのテキサスリグへ移行。

無の時間が続いた。

周りの釣り師もイマイチ釣れておらず、釣れたと思ったらミジンコサイズが数匹のみ。

やはり場所の良し悪しが重要なようである。

ポイントに入るタイミングも重要である

ミジンコサイズ一匹水揚げで帰るわけには行かない。

ということで、いつもの南湖西岸・打出浜(アヤハディオ前)に移動して釣り続けることとした。

7時半頃に現地着。

信頼と実績のテキサスリグでサーチ開始。

しかし、無であった。

完全にタイミングを逸した模様。

一度だけ、ワーム着水後にラインが沖に走ったが、ぼーっとしていて気づくのに遅れる。

慌ててフッキングしたものの、すっぽ抜け。

異常無しのまま終了となった。

ポイントとポイントに入る時間の重要性を再認識した格好である。