知内漁港が入れ食い!?湖西エリアを周回したがガセネタだった 2016年7月16日

2016年7月16日「湖西」釣果報告

知内漁港

南湖におの浜釣行に飽きてきたため、目的地を北のホームグラウンド「湖西・知内漁港」に設定。

小バスが釣れたものの数釣りは出来ず。完全なガセネタであった。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年7月16日 朝の部
  • 知内漁港、貫川内湖、北小松漁港

知内漁港が入れ食いと聞いて出撃

ここ最近実施している南湖におの浜近辺での釣りに飽き飽きしてきた。

これに加え、我らのホームグラウンド「湖西・知内漁港」が入れ食いという情報を得た。

その情報の真偽を確認するため、久しぶりに同胞と遠征釣行を実施することとした。

3時半頃に現地着。誰もいない。

ん?入れ食い情報はガセなのか?

しかし、湖面には波紋多数で生命感がハンパない。

入れ食い釣行開始である。

釣れたもののガセネタであった

まずは漁港内からサーチ開始。

昨日調達した「ジャッカル TN60」(金黒色)で周辺一帯をサーチ。

時間が早すぎるせいなのか、異常無し。

続いてテトラ帯から外側をサーチ。

そこら中でバシャバシャしている魚。活性は非情に高い模様。かつ、見えバスが多数。

いつバイトがあっても良さそうな雰囲気ではあったが、異常が見られない。

ルアーをクランクベイトにチェンジしてサーチしても異常無し。むなしい。

すぐ横の川に狙いを絞る。ここでバイトあり。

数投したところで20cmほどの小バスを水揚げ。

以降反応なし。異常無し。

なんやねん。入れ食い情報はガセネタかい!まんまと乗せられてしまったようである。

貫川内湖でカバー撃ち

次は貫川内湖へイン。

貫川内湖は「ぬけがわないこ」と読む。何度覚えてもすぐに忘れてしまう。

実は今回の遠征釣行の本命はここである。

貫川内湖でのカバー撃ちでデカバスを狙うのである。

貫川内湖

写真のように釣れそうな雰囲気は充分。いつバイトが来てもおかしくない。

カバー撃ちに採用したのは、「O.S.P ドライブクロー4インチ」だと思われる。(当時の記録が無いので分からない)

内湖を一周してみたが、完全異常無し。靴がビチャビチャになっただけであった。

最後に北小松漁港へイン

貫川内湖で靴がビチャビチャになって帰りたくなったのが朝の8時頃。

このまま帰還するのもありだが、まだ時間はある。

帰り道の北小松漁港へインすることとした。

北小松漁港

先行者は2名ほど。

船溜り付近の魚影は非常に薄くなっている。

ここ北小松漁港は、冬は小バスパラダイスとなる場所。

ウィードも伸びてきているようである。

ここでは同胞だけが竿を出して、私は待機。

結果、異常無し。

駐車スペースが閉鎖されていたのが唯一の異常であった。

やはり北方面は難しい

今回はボウズにはならなかったが、数釣りもできずいまいちな遠征釣行であった。

ただ、貫川内湖のカバー撃ちはなかなか楽しいものだった。

知内漁港の入れ食いモードは、秋にならないと始まらない模様。

例年10月から11月までが小バス天国。

何を投げても釣れる、そんな知内漁港。楽しみである。