夜の由美浜でラインブレイク!面倒でもラインチェックは確実におこなうべし 2016年7月17日

2016年7月17日「南湖」釣果報告

スイミングテキサスで釣れた小バス

朝の部に引き続き、夜の釣行へ出撃。

向かったポイントは南湖・由美浜。

おなじみのテキサスリグで小バスを水揚げした後、デカバスらしきバイトにあわせたところ痛恨のラインブレイク。

ラインチェックの重要性を再認識するにいたった。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年7月17日 夜の部
  • 由美浜 曇り

におの浜は飽きたので由美浜へ

朝の部に引き続いて夜の釣行を実施。いわゆるダブルヘッダーである。

最近は打出浜(アヤハディオ前)やにおの浜で釣りをすることが多いが、少々飽きてきた感がある。

ということで、向かった先は南湖・由美浜

夜の南湖・由美浜

打出浜やにおの浜から大して離れていないが、景色が違うので楽しめるだろう。

22時頃に現地着。誰もいない。

砂浜と岩場の境目あたりから北上する作戦をとった。

活性が高そうな中、スイミングテキサスで初フィッシュ!

沖の方で魚がバシャバシャと跳ねている。

何が跳ねているのかは分からないが、活性は高そうである。

いつものように「O.S.P ドライブクロー4インチ」をテキサスリグにして沖にぶん投げる。

シンカーの重さは1/4oz(7g)程度かもう少し軽めか?あまり覚えていない。

濃いウィードの中に撃ち込むわけではないので、シンカーは軽めを選択。

軽い方がアクションさせやすいので、テキサスリグのシンカーは軽めが推奨である。

そんなテキサスリグをキャストし続けるが、バイトは無し。

たまにブルーギルが突いてくるだけ。

岸際にも魚の波紋が多数発生していたので、沖だけではなく岸際にもキャスト。

ワームを回収する際に早巻きで回収したらバイト発生。

スイミングテキサスで釣れた小バス

スイミングテキサスで初めて釣れた。笑

ギルバイトがデカバスバイトに変化!しかしラインブレイク

北上、つまり由美浜の岬形状の先端方向に移動しながらキャストを繰り返す。

先ほど岸際で釣れた以降、ブルーギルからのブルブルアタックしかない。

沖の方では相変わらず魚がよく跳ねている。

そんな沖にひたすらキャスト。

しかし、得られるのはギルアタックのブルブル感。

ブルブルブルブル。

やたらブルブルが続く、なんかしつこいギルやな。

やっとブルブルがおさまったと思ったら、「グーッ」と持っていく感触に変わった。

おっと、これはデカバス特有のバイト。

いわゆるバスノミクスなバイト。(バスノミクスとは、釣果の飽和状態を意味する。)

ついにきた〜!

力強くフッキングする。

「バチンッ」

「!」

「え?」

ロッドには重量感は無く、ただ嫌な音だけが響き渡った。

「ん?ロッドが折れた?」

なぜかここで奥さんの顔が脳裏によぎる。

ごめんなさい、ごめんなさい。

冷静に竿先を見ると折れていない。よかった。

ラインが切れてしまったようである。いわゆるアワセ切れというやつである。

ラインの途中一ヶ所に傷がついているのは分かっていたが、どうやらそこが切れたらしい。

おかげでラインが大量殉職してしまった。

残ったラインも闇の琵琶湖に飛んでいった

ラインは大量に殉職したものの、まだラインは残っている。

すなわち釣りを続行ということ。

飛距離を出すために、シンカーを重めの3/8oz(11g)に変更して再開。

その一投目。

ラインが全部出ていき、スプールからも解き放たれ、闇の琵琶湖に吸い込まれてしまった。

残ったのはラインが完全に無くなったスプールだけ。

珍事である。

どうやらラインがスプールにしっかり結べていなかった模様。

ライン完全殉職、もうどうしようもない。

同胞がこちらに向かっているらしいので、しばらく待機。

しかし、なかなか来ないので、スタミナ定食を食して自宅へ帰還した。

スタミナ定食

ラインチェックはしっかり行う

今回、ラインが傷ついているのが分かっていたのにもかかわらず、何も対応せずに釣りを継続したことでラインブレイクにつながった。

もしかしたら世界記録サイズが釣れていたかもしれないと考えると、悔やみきれない失態である。

面倒かもしれないが、ラインに傷が入っているのに気づいたときは、まずは傷の状況をよく確認すべきである。

具体的には、傷が入った部分をまたいでラインを引っ張り、切れないかを確認した方がいい。

傷の状況によっては、手で引っ張るだけで簡単にラインは切れてしまう。そんな状態で釣りをすることは避けたい。

面倒だがラインチェックは確実に行い、使用に耐えない場合は必ずその場で交換することを推奨する。