ヒシ藻の下にテキサスリグを落とすカバー撃ちでバスを狙った 2016年7月17日

2016年7月17日「南湖」釣果報告

早朝から南湖東岸「志那」へ出撃。

目的はカバー撃ち。大量に群生しているヒシ藻の下にテキサスリグをぶち込むカバー撃ちでバスを釣ろうというもの。

結果、サイズは小さいものの3匹を水揚げ。早朝のカバー撃ちを楽しむことができた。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年7月17日 朝の部
  • 志那1 曇りのち雨

早朝の南湖東岸でカバー撃ちをする

この日はカバー撃ちをするために南湖東岸の志那へ出撃。

この志那周辺は、夏場になると大量のウィードが生えるポイント。

ヒシ藻という水面にひし形の葉を浮かべる種類のウィードも生えており、そのヒシ藻の下にはバスが潜んでいる。

潜んでいるバスは水面から落ちてくる虫などを意識しているので、落とし込んでやるだけでバイトが出る。

そして、フッキングした後は速やかに引き上げないとウィードに潜られてしまう。非常にスリリングな釣りでもあるといえる。

そんなヒシ藻の下に潜むデカバスを仕留めるために出撃した次第である。

こんなバスを釣りたい次第。

テキサスリグをヒシ藻の下にぶち込む

3時くらいに現地着。辺りは真っ暗、誰もいない。

早速テキサスリグを準備。シンカーの重さは1/4ozを選択。ウィードがあまり濃くなければ、1/4oz程度のシンカーでボトムまで落としこめる。

ウィードが濃い場合は、3/8ozや1/2ozといったより重いシンカーに変更して調整すればいい。

ワームの大きさによっても落とし込みやすさは変わってくる。手足がついているようなホッグタイプのワームだと、途中でひっかかってしまうことがある。

シンカーの重さとワームの重さ、形状にも注意をはらうべきである。

今回選択したワームは「ゲットネット ジャスターホッグ」である。

結果、3匹が釣れる

結果、サイズは小さいものの3匹を水揚げ。内1匹は35cmくらい。

ジャスターホッグで初めて釣れた。

100メートル程横で釣りをしていた人の周りに人だかりが。

でかいのを釣ったのだろうか?小生は華麗にスルー。

というわけで、デカバスを仕留めることはできなかったものの、カバー撃ちを楽しむことができた。

しばらくは志那に通ってカバー撃ちを楽しむこととする。