秋の湖北・湖西エリアを周回して新規開拓する旅 2016年8月30日

「湖北」釣果報告

南湖で釣れる気が全くしないので、気分転換をかねて北湖へ出撃することに。知内に行く予定を変更し、ポイントの新規開拓に着手した。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年8月30日 朝から16時頃
  • 菅浦方面
  • 大浦
  • 海津
  • 木戸川
  • 晴れ

奥琵琶湖へイン

今回の予定は、午前中を小バスの数釣り。午後からヘビキャロでデカバスを釣り上げる。こんな予定を立てた。とりあえず奥琵琶湖方面へ向かい、新規開拓することとした。

菅浦方面。投げにくそうだったのでここは見学のみ。

奥琵琶湖の菅浦方面

奥琵琶湖の菅浦方面
ボイルしていたが、何もせずスルー。

奥琵琶湖の菅浦方面

奥琵琶湖の菅浦方面

次のポイント。ここで釣りをすることにした。

奥琵琶湖の菅浦方面

最近はまっているネコリグの登場である。

奥琵琶湖の菅浦方面
ワームは、一回使用したカットテールを火で炙って修復したものを使用。修復が不完全だったようで、ネイルシンカーのみ飛んでいくアクシデントが発生する中、釣りを続けた。

奥琵琶湖の菅浦方面

奥琵琶湖の菅浦方面

在庫僅少のネイルシンカーが殉職しただけで、異常なし。

奥琵琶湖の菅浦方面

奥琵琶湖の菅浦方面

次のポイント。

奥琵琶湖の赤崎丸小船

奥琵琶湖の赤崎丸小船

秘密の抜け道から、この梯子を降りると、

赤崎丸小船のテトラ帯

テトラ帯に行ける。

赤崎丸小船のテトラ帯

ここで釣り再開。再度ネコリグからスタート。

赤崎丸小船のテトラ帯

水質はクリア。この辺りは水深が浅く、底が丸見えである。しかし魚は確認できず。

赤崎丸小船のテトラ帯

ここでもネイルシンカーだけ放出するアクシデントが発生。困難を乗りこえ一匹釣れる。

赤崎丸小船のテトラ帯

ワームをスワンプクローラーにチェンジ。ネイルシンカーなしのネコリグ仕様で使用した。

赤崎丸小船のテトラ帯

釣れる。スワンプクローラーで初めて釣れた。

赤崎丸小船のテトラ帯
その後何匹か小バスを釣り上げる。

赤崎丸小船のテトラ帯

テトラの手前は浅いが、少し先に投げると魚はいるようです。

赤崎丸小船のテトラ帯

次に大浦へ

奥琵琶湖の大浦

漁港付近で親子でファミリーフィッシング。

奥琵琶湖の大浦

水質悪。水深浅い。釣れる気がしない。

奥琵琶湖の大浦

よって、大浦は見学のみ。時期によっては数釣りできるらしい。

奥琵琶湖の大浦

途中の砂利浜を見学。遠投しないと釣れない気がする。

奥琵琶湖の砂利浜

奥琵琶湖の砂利浜

次は海津の桟橋

水質クリア。水深浅。

海津大崎
ここでもスワンプクローラーで釣る。

海津大崎

海津へ

一匹釣って次のポイントへ。この時点で9時半くらいか?11時に鉄板ポイントへ行くので、知内で時間を潰そうかとするが、やめて海津へイン。

湖北の海津

湖北の海津

湖北の海津

カットテールのネコリグで一匹。

湖北の海津

11時に鉄板ポイントのちゃんぽん亭へ。うまい。途中の貫川内湖での消防士探索は今回なし。
午前の部は予定通り小バスの数釣りを楽しめた。

午後の部は青柳浜お墓前から

青柳浜お墓前。

青柳浜のお墓前

ここではヘビキャロ一択。

青柳浜のお墓前
何も起こらないので移動。木戸川。

湖西の木戸川

遠投するために木戸川まで来ているわけではない。

湖西の木戸川

何も起こらない。

湖西の木戸川

釣れない時間が続いたが、バイトが発生。久しぶりにヘビキャロで釣れた。ただし小バス。

湖西の木戸川で釣れた小バス

アタリが来る前後で、大波が押し寄せ岸際が濁ってベイトが散り出したタイミングで魚の活性が上がった模様。ウィード際まで引いてきた時にアタリが頻発したので、こういう形でスイッチが入るんだなぁと勝手に解釈。

その後は異常なく終了

途中彦根方面にゲリラ豪雨の雲が。こちらに来るかと思ったが、どこへか消える。

湖西の木戸川
16時過ぎまで活動してめざし1匹のみ。よくわからなくなってきた。夏季修行はまだまだ続く。