愛知川河口でネコリグとヘビキャロで数釣りしました 2016年9月3日

2016年9月3日「北湖東岸他」釣果報告

9月に入っても釣れません。どこへいけば釣れるのか?何をすれば釣れるのか?良く分からないまま、実績だけを追い求めて愛知川へ向かったところ、数釣りを楽しむことが出来ました。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年9月3日 早朝
  • 愛知川河口付近
  • 曇り

実績ポイント愛知川へ

何が何だかわからないので、実績あるポイントを選定。先日そこそこ釣れた愛知川へ。

4時頃に現地着。既に人がたくさんいる。皆さん早すぎます。しかし、裏返せば釣れるってことですよね。


水質はクリア。ボイルも頻発。あゆボールも確認。あゆパターンが有効なのか???ということで、ジャスターフィッシュのネコリグからスタート。カラーはマッチザベイトのアユ。

ネコリグで小バスを釣る

早速釣れました。写真はなし。5匹くらい釣れました。その後、カットテール6.5インチのノーシンカーにチェンジ。タックルもチェンジ、久しぶりにスコーピオン70とゾディアス1610M-2で投げる。しかし異常なし。

ヘビキャロで数釣り

今年から始めたヘビキャロへチェンジする。ここから入れ食いが始まる。


20センチから30センチばかりだが、たくさん釣れる。

沖の方に魚が溜まる小場所があるようです。そこにキャストすると釣れます。

O.S.Pのドライブクローでも釣れる。


ヘビキャロだけで10匹くらい釣れました。ただし20から30アップくらいばっかり。

新規開拓で曽根沼へ

時間がたって釣れなくなってきたので、愛知川を後にして釣り場見学へ。曽根沼へ行ってみることにした。


カバー撃ちによさげな場所。

カバー撃ちを試すがギルバイトのみ。


子どもの遊び場所もありました。


何もおこらないまま、暑さに耐え切れず終了。

総括

9月頃の初秋から、愛知川では数釣りが楽しめるようです。水質が悪化する夏場の南湖を避けて、愛知川で釣りを楽しむのもよろしいかと思いました。