愛知川・松の浦で巻物とヘビキャロで数釣りを楽しむ 2016年9月13日

「北湖東岸他」釣果報告

最近お気に入りのポイント、北湖東岸にある愛知川河口付近に出撃しました。その後、湖西へ移動してヘビキャロで小バスと遊んできました。

釣りに行った日時・場所

  • 2016年9月13日 早朝~夕方頃
  • 愛知川河口付近
  • 大谷川河口付近
  • 松の浦

秋は巻物ということでスピナーベイト

最近のお気に入りポイント、愛知川。深夜でも自宅から1時間半近くかかってしまうが、水は綺麗だし釣れるので最近よく来ている。というわけでこの日も朝一は愛知川からスタート。前回と同様スピナーベイトによるサーチから開始。雨が降っているので釣れそうです。

まっすぐ沖に投げたり斜めに投げたり、岸際に投げたりしてランガンしていると、巻き特有のガツンと来るバイト!巻き物はこのバイトがたまらない。

愛知川河口でスピナーベイトで釣った小バス
30センチもないような小バスだが、巻き物で釣れると嬉しいです。

チャターベイトの登場

続いて、購入して以来ずっと倉庫番だったチャターベイトを使用する。初めてのチャターベイト。巻くとブルブル感が伝わってきて、巻くのが楽しいことが分かりました。トレーラー無しで使いましたが、やはりトレーラーはあった方がよいのでしょうか?何の反応もありませんでした。

チャターベイト

最近はまっているヘビキャロへ

巻物の反応がないので、最近はまっているヘビキャロへチェンジする。以前、ここ愛知川でヘビキャロで数釣りが楽しめたのですが、今回は全く反応がありません。あのときから1週間ほどしかたっていないはずですが、状況は大きく変わってしまったようです。琵琶湖での釣りが難しい所以です。

続いてネコリグ

雨が断続的に降っている中、ネコリグにチェンジします。すると、小バスが釣れました。

愛知川でネコリグで釣った小バス

愛知川でネコリグで釣った小バス

愛知川でネコリグで釣った小バス

湖西へ移動

9時ごろで愛知川終了。湖西へ向かいます。途中異常に眠たくなったので、仮眠をとる。琵琶湖大橋西詰の鉄板ポイントちゃんぽんで昼食後、大谷川へ向かう。

ここでもヘビキャロを試す。すると、南側の浜の一番近いブレイクあたりで小バスが釣れました。

松の浦で釣った小バス
写真がぼやけています。実は、午前中に雨の中釣りをしていたとき、携帯電話に雨水が浸入。誤動作に加えてカメラのレンズが結露したため、このようにぼやけて写っています。

琵琶湖湖西にある松の浦
霞がかっているわけではありません、レンズの曇りによるものです。
その後、ヘビキャロでもう1匹追加。

松の浦で釣った小バス
松の浦方面も探りますが異常なし。沖の方はウィードがかなり多いので、ヘビキャロするならもう少しウィードが枯れてからの方がよい様子。あるいは、ウィードが濃い場所を覚えておいて、冬の時期にそこを集中的に狙う作戦が吉。

琵琶湖湖西にある松の浦

総括

やはり9月頃から愛知川は釣れる模様。サイズさえ選ばなければ数釣り可能。大谷川、松の浦付近はディープエリアが中心で、難しい場所という印象。しかし慣れてきて地形がわかってくれば、釣果も期待できると思われる。