秋は巻物!40アップを釣って新規ポイント開拓 2016年9月28日

2016年9月28日「湖西」釣果報告

巻物が有効な秋に、北湖西岸を周回したときの模様。早朝から巻き展開で40アップを釣る。その後はいまいちで、主に新規ポイントの開拓になった。

大谷川河口で釣ったブラックバス

釣りに行った日時・場所

  • 2016年9月28日早朝~15時頃
  • 大谷川河口
  • 知内漁港
  • 浜分漁港
  • 石田川河口
  • 安曇川
  • 鴨川河口
  • 滝川河口

早朝から巻物で40アップ

この日は早朝から湖西をうろついた。まずは、ここ最近のお気に入りポイント大谷川河口。

早朝の大谷川河口
誰もいない。

早朝の大谷川河口
秋は巻物、ということで巻きの釣りを展開。まずはO.S.Pのスピナーベイト「ハイピッチャー」を選択。すると、40アップが釣れた。

大谷川河口で釣ったブラックバス
46センチくらい。かなり引きが強い魚であった。

大谷川河口で釣ったブラックバス

続いてセイラーミノー

続いて、昨夜購入したセイラーミノーを早速試す。すると、これでも反応あり。30センチくらいの小魚を釣る。噂どおり釣れることを確認した。

大谷川河口で釣ったブラックバス
巻き用タックルとして、ゾディアス1610M-2と、16スコーピオン70ノーマルギアを使用。軽くてコンパクトなのでランガンには最適なタックルである。

アユの大群

岸際にはアユが大量に群れている。黒く見えているのが全てアユである。数千匹いるのではないだろうか?このアユを狙って、近くにバスもいるはずである。

大谷川河口のコアユ

大谷川河口のコアユ
セイラーミノーを巻くとアユが引っかかる。

大谷川河口で釣ったコアユ

北方面を偵察

反応がなくなったので、大谷川河口を去る。そして一気に北上、知内漁港の偵察へ向かった。

知内漁港
漁港名物の猫。通称ギャラリー。

知内漁港
港内は非常に水質が悪い。

知内漁港
港外でカットテールのネコリグを投入すると、小バスが釣れた。

知内漁港で釣ったブラックバス
また、巻きの秋ということで、デラクーを投げるつもりだったが、持ってくるのを忘れていた。仕方なく、バイブレーションTN70を投入。小バスが釣れた。

知内漁港で釣ったブラックバス
これ以降、反応がなくなる。雨の中での釣行。

知内漁港
まだ時期が早いせいか、昨年のような爆発力がない。10月下旬に期待である。

知内漁港

浜分漁港・石田川

南下する。途中の浜分漁港へイン。ここは偵察のみ。

浜分漁港

浜分漁港
漁港を進んでいったところにある浜へ。

石田川
後でわかったが、ここは石田川河口であった。

石田川
ここではヘビキャロを試したが異常なかった。地形変化が激しいことは確認できた。

石田川
先行者の姿が。ウェーディングしないとここは難しそうです。

石田川

安曇川

さらに南下。安曇川を偵察。

安曇川
釣れるポイントらしい。

安曇川

安曇川

安曇川

安曇川

鴨川

かなり良いポイントらいい。写真は途中の浜。

鴨川

鴨川
鴨川河口。河口北側に放射性物質が放置されていた模様。

鴨川
水深がかなり浅い遠浅のようである。ウェーディングしないと無理そう。あるいは夜にシャローに差してくるバスを狙い撃つか。

鴨川

滝川河口

諦めて滝川河口へ。

北小松滝川河口

北小松滝川河口
ここもアユが大量。

滝川河口にいたコアユ

滝川河口にいたコアユ

滝川河口にいたコアユ
投網おじさんも確認。

滝川河口にいたコアユ

滝川河口にいたコアユ
手づかみ出来そう。

滝川河口
滝川異常なし。

総括

朝のビックワンのみであった。ポイントと時間を絞っていかないと釣れないようである。また、高ポイントであっても狙いどころが分かっていないと釣れる気がしない。やはり通うことは大事なようである。