滝川河口取水塔のブレイクをヘビキャロで狙う 2016年10月21日

「湖西」釣果報告

この日は湖西の有名ポイント北小松滝川河口へ出撃。取水塔近くのブレイクをヘビキャロで狙った。結果は小バス一匹のみ、良いポイントであっても必ずしも釣れるわけではないということか。

夜の滝川河口

釣りに行った日時・場所

  • 2016年10月21日 夜の部
  • 滝川河口

夜の滝川へ出撃

この日は夜の滝川へ出撃。自宅からここまで来るのに、夜でも1時間はかかってしまう。通うのには少々遠い場所である。

さて、狙いどころを絞って釣りをすることとした。狙いは岸から20メートルほど先にある取水塔南側に位置するブレイク。ブレイクとウィードが絡むエリア、底には小石がゴロゴロ。いわゆる魚が付くポイントである。ここをヘビキャロで狙う作戦である。

ヘビダンやテキサス、あるいはウェーディングしてルアーをそこまで投げることができるのであれば、ノーシンカーリグでも釣れるのではないだろうか?

あっさり釣れるが小バス

結果、30cmもないような小バスが釣れる。

夜の滝川河口で釣った小バス
その後は沈黙が続いた。ブレイク狙いをやめて、移動しながらあちこち撃ち込んでいったが異常なし。夜遅くなってから終了した。次回は朝まずめにチャレンジしたいと考えている。