秋の大谷川河口と松の浦での釣行記録 2016年10月30日

「湖西」釣果報告

秋の大谷川、松の浦で早朝から釣りを開始。この日は巻きではなく、縦の動きが有功だったようだ。秋といえど簡単ではない琵琶湖の洗礼を受けることとなった。

秋の大谷川河口

釣りに行った日時・場所

  • 2016年10月30日 4時半頃~
  • 大谷川河口
  • 松の浦
  • 大谷川河口

寝坊スタート

本日は同胞と活動。が、寝坊してスタートが遅れる。当初は知内漁港に行く予定だったが、遠い上にチリメンジャコしか釣れないので活動場所を変更して4時半頃?に大谷川河口に着。

風が強くなるようなので、風裏となる松の浦へ移動することも可能。これを見越しての目的地設定である。

同胞に異常あり

まずはセイラーミノーでサーチ開始。ボイルも起きず異常も起きない。次は何を使ったか忘れた。カットテールか??

5時半からのゴールデンタイムが近づいてきたため、信頼のスピナーベイト「O.S.P ハイピッチャー」へ変更。マシンガンキャストするが魚からの反応は得られず。今日は巻きではないのか?

秋の大谷川河口

その頃、同胞が「きた!きた!」と騒がしい。どうせ小バスやろ?と思っていたらまぁまぁサイズ。おめでとうございます、43センチのバスを水揚げされました。

今日は縦の動きなのか?

着水後のフォールで食ってきたそうなので、こちらはヤマセンコー4インチに変更。リフトアンドフォールで魚に誘いをかけていく。

一度明確なバイトが発生。合わせると乗らなかった、チビなのか?その後もバイトはあるものの、すぐ離してしまうようで水揚げには至らず。

松の浦へ移動

魚の気配がなくなったので、松の浦方面へ移動することにした。

秋の松の浦
今日も人が多い。隣の釣り人が30センチ台の魚を釣った模様。おそらくヘビダンを使用されているご様子。ウィードに潜られていたので、ブレイク周りをネチネチやっていたものと推察。

私はヘビキャロ。ブレイク周りを丁寧に探るが異常なし。同胞も異常なし。もとい、43センチを釣った満足感で学習性無気力状態である。

大谷川河口へ移動

再度、大谷川河口へ戻る。ヘビキャロでディープゾーンを探るが異常なし。結果、ボウズとなってしまった。ナンデヤネン。

秋の松の浦

朝方にシャローをうろつくバスはいる模様。縦の動きに反応した模様。しばらくはリフトアンドフォールでいくべきか。

清掃結果

本日は清掃活動を実施した。結果は下の写真の通り、大量である。

清掃活動結果