水中は秋真っ盛り!?湖西八屋戸浜での釣行報告 2016年11月6日

「湖西」釣果報告

体調不良から回復した同胞を引き連れて八屋戸川河口へ。持ってくるロッドも間違え、カットテール縛りで釣りをするが異常が無いまま終了。異常が無い日々が続きそうである。

夜の八屋戸川河口

釣りに行った日時・場所

  • 2016年11月6日 夜
  • 八屋戸川河口

同胞と現地へ

体調不良から回復した同胞を引き連れて八屋戸川河口へ。23時頃に現地着。

2ピースロッドの宿命

Mロッドを持ってきたはずが、1ピース目と2ピース目別々のロッドを間違って持ってきてしまう。もちろん接続不可。2ピースロッドの宿命、きちんと確認しないとこうなってしまう。準備するときに確実に確認するか、目印をつけるか。今後の課題である。

もう一本、Hロッドも持ってきていたので釣りはできる。カットテール6.5インチ縛りで釣りを開始。

アクションはリフトアンドフォール

このカットテール6.5インチはノーシンカーで使用。ひたすらリフトアンドフォールで魚を誘う。他にもアクションのしようはあるのだろうが、フォール時のナチュラルな動きがカットテールの一番の売りであるので、リフトアンドフォールに徹する。しかし異常は無い。

蓬莱浜へ移動

八屋戸川河口を諦め、途中から蓬莱浜へ。ここでも異常は無い。寒いだけである。

水温は冷めにくい

既に11月に入り、気温は日に日に低下している。特に朝夕は冬さながらの気温であり、冬がもう目の前まで迫っているかのようである。

しかし、水の温度は急には低下しない。水の性質「熱しにくく冷めにくい」の通りである。よって水中はまだまだ秋真っ盛りのはず、魚にとって適水温のはずである。それにも関わらず釣れないのはなぜだろうか?魚が散っているのだろうか?となると巻き展開が有利か?

このあたりのメカニズムをある程度解明できれば爆釣間違い無しである。それでも、当面は異常がない日々が続きそうである。夜で真っ暗なので清掃活動は省略。