ワームが大きくても小バスが食ってくる八屋戸川 2016年11月18日

2016年11月18日「湖西」釣果報告

釣りにいった日時・場所

  • 2016年11月18日 夜の部
  • 八屋戸川河口

夜の八屋戸川河口へイン

同胞とともに夜釣りへ。湖西八屋戸川河口に陣取って釣りを開始する。いつも通り使用するのは
ヤマセンコー4インチとカットテール6.5インチ。これをリフトアンドフォールして使う。ここ最近はこんな釣りばかりである。

カットテールで釣れた

カットテールで釣れた。

八屋戸川河口で釣った小バス
35センチくらい。

八屋戸川河口で釣った小バス

ワームが大きくてもバスは食ってくる

大きいワームを使うのを避ける人がいる。私も昔は大きいワームは敬遠していた。なぜなら、大きいワームを魚が食うイメージができておらず、小さいワームの方が魚は食ってくれると思っていたからである。

確かにワームサイズを下げることで釣れる場合もあるが、小さくしても釣れないときは多々ある。反対に、ワームサイズをあげることで魚の食い気がたって釣れる事もある。6.5インチのカットテールでも20センチ台の小バスが食ってくることもあるので、大きさはあまり気にしなくても大丈夫である。

さらに、デカバスを釣りたいのであれば、ワームサイズはあげるべきである。デカバスは小さいワームも食ってくるが、小バスが先にちょっかいをだしてしまうため、相対的にデカバス率が下がってしまう。デカバスを釣りたい人は大きいワームを使う、これが鉄則である。

この日の結果

小バス1匹で終了した。最近、気温が下がってきて寒い。それに伴い水温も低下しているはず。そのせいで魚の活性も低くなってきたのだろうか?