漁港なら小バスが釣れるがヘビキャロ&メタルバイブは異常なし 2017年1月7日

2017年1月7日「湖西」釣果報告

北小松滝川河口の取水塔

この日も早朝から湖西へ出撃。いつもの取水塔を狙ったのち、漁港内で小バス釣りに興じる。

その後はポイントを移動してヘビキャロ釣行。次いでメタルバイブを乱れ撃ちしてみたが何事も無く終了。

釣れる気配が無く、どうしたらよいのかも分からないそんな状態である。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年1月7日 朝の部
  • 北小松漁港
  • 滝川河口
  • 今年4回目の釣行

懲りずに北小松漁港裏の取水塔を狙う

いつもどおりまずは北小松漁港裏の取水塔前へイン。今日はべた凪、釣れる気がする。

北小松漁港裏の取水塔

まぁ、それで釣れるわけがない。この日も安定の異常なしである。そろそろこのポイントも見切る必要があるのだろうか?

漁港内で子バス釣りに興じる

ここ最近魚に触っていない。小バスでもいいから釣りたいと考え、漁港内で小バス釣りすることとした。

北小松漁港で釣った小バス

スピニングタックルを準備し、ワームは必釣ワーム「ビバ サターンワーム」を選定。まず間違いなく釣れる。

予想通り20cmも無いような小バスを10匹ほど釣る。

釣り方は、ノーシンカーでワームをフワフワ漂わせるだけ。(リフトアンドフォールのような感じ。)サイズさえ選ばなければ、サターンワームはよく釣れる。

しかし、めざし釣りに意味はないので移動することにした。

滝川河口の取水塔付近でヘビキャロ・メタルバイブを乱射

近くの滝川河口へイン。先行者は数名いたが、取水塔付近は開いていたので陣取る。

北小松滝川河口の取水塔

ここはウィードと急深ブレーク、さらに取水塔という縦ストラクチャーが絡む激熱ポイント。だいたい誰かが釣りをしているので、ハイシーズン中はなかなか陣取れない場所。

北小松滝川河口

釣れそうな感じだったが異常なし。加えてヘビキャロが殉職してしまう。

北小松滝川河口

その後、冬はメタルバイブレーションでリアクションバイト!ということで、メタルバイブの代名詞的存在である「エバーグリーン リトルマックス」にチェンジ。

リトルマックスを投げまくってリフトアンドフォールでリアクションバイトを誘発するがこちらも不発。

タイムアップとなる終了することとした。

冬の釣りに完全に迷走、どうすればいいのか?

「どうしたらいいのでしょうか?」

そんな言葉しかでてこない。釣り方、ポイントが定まらず完全に迷走。
自信を持って釣りをすることができない状態。

こんな状態だと釣れるはずがない。こんな時は、一番自信のある釣り方、自信のあるポイントでひたすら同じ事をやり続けるのが良いだろう。

変な迷いを捨て、他人の釣れた情報はシャットアウト。自分の釣りに徹することが大事だと考える。

それだけで釣果は変わってくるはずである。