冬の釣りは難しすぎるので漁港で小バスを釣って癒される 2017年1月9日

2017年1月9日「湖西」釣果報告

最近通っている北小松漁港裏の取水塔から釣りをスタートするが、安定の異常なし。

いつもと違うことをするため、漁港近辺の浜辺をバイブレーションでランガンするものの釣れるはずが無い。

「冬の釣りは難しすぎる」という結論に達し、漁港内で小バスを釣って心癒されることにした。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年1月9日 朝の部
  • 北小松漁港
  • 今年5回目の釣行

北小松の取水塔で早朝から釣りをする

ここ最近通っている北小松漁港の裏にある取水塔。ここには魚がいるはず、と考え通い続けているが全くつれない。しかし、懲りずにこの日も5時半頃から現地入りし、釣りをすることとした。

北小松漁港裏

結果は異常なし。予想通りの結果である。釣れないと予想している時点で釣れるはずがない。

周辺一帯をバイブレーションでランガンしてみた

いつもと違うことをしてみようと考え、漁港周辺の浜辺一帯をバイブレーションでランガンすることとした。キャスト回数を増やすことで出会い頭の事故を誘発しようという作戦である。

北小松漁港周辺の浜辺

漁港南側の浜辺はもちろんのこと、北側の浜辺も探索。しかし何も起こらず異常なし。

スポーニング時期はいい感じなのか???

北小松漁港周辺の浜辺

スピニングに持ちかえて漁港内で小バスを釣る

バイブレーションでのランガンを諦め、スピニングタックルに持ち替えて漁港内へ。

まずはシャッドを試してみた。漁港内と浜辺もシャッドで探ってみたが異常なし。シャッドは、ある程度水深がないと使いにくい印象であった。

北小松漁港

シャッドでも釣れる気がしないので、爆釣ワーム「ビバ サターンワーム」のノーシンカーリグへ変更。

やはりサターンワームは釣れる。数匹水揚げして終了した。

最近実施しているゴミ回収の成果。ごみは捨てないようお願いしたいものである。

ゴミ回収の成果