迷いを捨て一貫性のある釣りをしなければ冬の魚は釣れない 2017年1月21日

2017年1月21日「湖西」釣果報告

この日キャストしたルアー
湖西で反応がないことを確認した後、南湖へ移動してみたが異常がない。

様々なルアーを試してみても何も起きない。

釣れなさ過ぎて迷いが生じてきてしまった。今一度、方向性を定める必要がある。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年1月21日 夜の部22時頃から
  • 蓬莱浜
  • 八屋戸
  • におの浜

2017/1/21(土)
[6:30]雪/強風
気温 4度/小潮
水温 瀬田川 6.6
琵琶湖大橋 8.8
安曇川沖 9.1
5点平均水位 -9cm
放水 120t/s

人が多い湖西へ出撃

昨夜は暴風暴雪予報で活動停止。本日は風が無いようなので出撃した。

22時頃に現地着。まず八屋戸方面を偵察。土曜日の晩なので人がたくさんいる。想定内である。

よって、人の少ない蓬莱浜へ。

タックル準備中に通りすがりの釣り師と会話。「異常なし」とのこと。釣りじゃない人がいるとのこと。想定内である。

NBCの釣り師に聞いたルアーを投げる

先日、この周辺でNBCに参戦している釣り師と遭遇。その時に釣れると聞いたルアーを買ってきたので、早速試してみることとした。

詳細をお伝えしたいところだが、「誰にも言わないように!」といわれていたので、ルアーについては紹介しない。

ただ、非常にスローな釣りなので、何がなんだか分からないまま諦めてしまう。異常なし。

スピニングタックルに持ち替えてジグヘッドで狙う

続いて、同じく買ってきた「ケイテック シャッドインパクト4インチ」「カルティバ スイングヘッド 1/16oz」というジグヘッドにチェンジ。

「ケイテック シャッドインパクト4インチ」と「カルティバ スイングヘッド 1/16oz」

八屋戸方面へ場所を移してデカバスを狙った。

このジグヘッドは巻いて使った。中層巻き、底巻きを試すが異常なし。

途中、釣りじゃない人に声をかける。全然だめらしい。

そんな中、ワームをボトムでずる引きしている最中に殉職してしまう。殉職した上にベイトがいないことが分かったため、やる気が無くなってしまう。

この時点で0時過ぎ。

この場でやり続けても釣れる可能性は低いと判断。一気に場所を変えてみることとした。

一気に南下して南湖「におの浜」へイン

一気に南下して南湖「におの浜」へ向かった。メタルのリフトアンドフォール(運試し釣法)であれば釣れるかもしれない。

夜のにおの浜

1時前に現地着。駐車場には大量の車。湖岸には大量の釣り師。さすが人気スポットである。

駐車場前からスタート。メタルバイブレーションを遠投してから、リフトアンドフォールする「しゃくり釣法」。ここでも異常なし。しかし、ウィードの場所はを確認することができた。
におの浜で見つけた残りウィード
総門川方向へ移動しながら遠投してリフトアンドフォールしていく。

ここでも異常なし。何も起こらない。

周りの釣り師にも何も起こらない。ワームを投げている人もいたが、キャロをしていたのか???

何も起こらないのでここで終了。本日の使用ルアーは写真の通り。

この日キャストしたルアー

釣れなさ過ぎて迷いが出てきた

どこへいっても、何をしても釣れない状況が続いている。そして釣れなさ過ぎて迷いが生じてきてしまった。

冬はあれこれ試すより、同じことを同じ場所で繰り返した方が釣れるはず。今はこの真逆のことをしてしまっている。

違う場所なら釣れるのでは?違う釣り方をすれば釣れるのでは?と考えるのは、まずいということ。

場所、釣り方を一貫して釣りをしないと釣れないと思うので、今一度、方向性を定めた上で活動を継続していく所存である。