冬でも釣れる八屋戸取水塔前で他人が釣っているのを目撃 2017年1月27日

2017年1月26日「湖西」釣果報告

フラッシュJ+ジグヘッド

ジグヘッドを使った中層スイミングに挑戦したこの日、バイトもなく完全ボウズに終わった。

一つ収穫があったのは、冬でも釣れる場所は釣れるということ。

取水塔のポテンシャルの高さを改めて認識することができた。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年1月27日 夜の部
  • 八屋戸浜
  • 蓬莱浜

2017/1/27(金)

[6:30]薄曇り/弱風

気温 -2度/大潮

水温 瀬田川 6.1

琵琶湖大橋 8.5

安曇川沖 8.6

5点平均水位 -7cm

放水 150t/s

弾丸を補充して湖西へ出撃

前日に釣具屋へ行き、弾丸(ワーム)を補充した。

補充したワームなど

ワカサギパターン用の「フィッシュアロー FlashJ3インチ」と、ネコリグ用に何となく買った「O.S.P ドライブクローラー6.5インチ」である。この日の夜はこれらを使って冬のビッグバスを狙った。

ワカサギパターンについては別記事にまとめてあるので、参照されたし。

現地着は22時頃か?道中の道の駅でチョコレートを補充。

道の駅「妹子の郷」

フラッシュJ+ジグヘッドでランガン

まずは蓬莱浜を偵察。バス釣りじゃない人がいたので状況を聞く。ぼちぼちいるらしい。

礼をいって立ち去る。

次に八屋戸浜へ移動。今日は人が少なさそうなので、ここから釣りを開始することとした。

フラッシュJにジグヘッドを装着。ジグヘッドの重さは1/32oz。ぱっと見た感じは本物の魚のようである。

フラッシュJ+ジグヘッド

流れ込みを狙うがジグヘッドスイミングは不発

流れ込みを中心にキャストしていくが異常なし。

何となくではあるがレンジを意識して巻いている。ただ巻きである。シェイクしながら一定層をまいてくるミドストではなく、ただのスイミング。

フラッシュJが水中をきちんと泳いでいるのかは不明。スピードも適性なのか分からない。

この釣りはシーズン中にやったことがなく、実績がないため自信を持って続けることができないのである。

それでも巻き続けた。

ドライブクローラーのネコリグは殉職

八屋戸浜はあきらめて蓬莱浜へ移動する。琵琶湖バレイが七色に光っていて綺麗である

夜の琵琶湖バレイ

ここではドライブクローラー6.5インチのネコリグを試す。

流れ込み沖を狙って底でチョンチョンアクションさせる。このあたりには何かが沈んでいるようで、よく根掛かりする場所である。そのおかげで魚が付いていることも多い。

案の定この日も根掛かって殉職してしまう。

ここまで異常なし。水面をライトで照らすとワカサギを確認。しかし数はまだ少ないようである。

八屋戸取水塔前で中層スイミング

再度、八屋戸方面へ戻る。完全に迷走している。

道路は写真のような状況で、所々凍っている。

道路が凍った八屋戸

八屋戸取水塔の前にイン。先行者がいる。

ここでは「カルティバ スイングヘッド1/16oz」「ケイテック シャッドインパクト4インチ」を装着して、巻きスイミングする作戦を取った。

「カルティバ スイングヘッド」と「ケイテック シャッドインパクト」

この周辺の湖底には岩が多いため、底に当てると岩や枯れウィードに引っ掛かってしまう。それを回避するために中層を狙った。

やはり取水塔は釣れるポイントなのか!?

突然、先行者がライトで湖面を照らし始める。

素人か??と思っていたら、魚が跳ねている。しかも結構でかそうな水音。魚を釣っているのを久しぶりに見ることができた。

やはり取水塔には魚が寄ってくるようだ。参考となる記事を書いているので、参考にされたし。

他人が釣ったのを見て俄然やる気が出てきたが、現実は非常である。中層スイミングで巻き続けたものの異常なし。寒くなってきたので2時ごろに終了した。

自分は未だ釣れていないが、釣れることが分かったのは収穫である。

本当に自分には何も起こらない。釣り方か場所を固定して粘り続けるしかないのだろうか??