2017年2月1日釣行・清掃013(冬バスとゴミを求めて)

2017年1月31日「湖西」釣果報告

活動エリア・天候等

北小松漁港裏
滝川
木戸川
野離子川

2017/2/1(水)
[6:30]晴れ/微風
気温 -1度/中潮
水温 瀬田川 6.6
琵琶湖大橋 8.5
安曇川沖 8.2
5点平均水位 -8cm
放水 150t/s


こんなの落ちてました。

釣果

公休日。

夜から出発するか悩んだが、
寒い・眠い・どうせ釣れないので
朝から出発することとした。

1月は事実上完全ボーズだった。
2月はなんとしても駆除しておきたいところ。

最近のパターンを変え、
年末バスノミクスの再来を期待し北小松へ。



現地着5時ごろ。
平日ということもあって誰もいません。
気温は-1度か??結構寒いです。
風はほぼなし。

狙うは取水塔。
取水塔へ向けてヤマセンコー5インチノーシンカーを射出。
底まで落としてリフトアンドフォールやずる引きなどしてみます。

途中、状況確認の一貫として砂浜周辺を
ライトで照らしつつ歩いてみたところ
数は少ないもののワカサギの接岸を確認しました。
比較的波風がさけられる場所にたまっているのでしょうか???
ワカサギパターンはここでも通用するのでしょうか???

しかしこの日は寒かった。
カイロをいつも以上に体に貼る。
風も途中から強くなり、波も大きくなる。
寒い。


6時半ごろまで粘りましたが異常なし。
港内にも魚っけはありませんでした。
絶滅したか???

この時点でかなり眠い。
帰ることも考えたが、続行。

次に向かったのは滝川河口。
車が数台とまっており、釣り師も確認。
風、湖面ともにおだやか。

何も考えずヤマセンコーを取水塔へ投げ込む。
数投したところでひっかけてしまい殉職。
眠たさも極限。
車に待避し仮眠を取る。。。

小一時間で起床。若干すっきり。
スピニングに持ち替えランガン開始。


最近使ってるこれ。
カルティバのスイングヘッドとケイテックのシャッドインパクト。
1/16を使っているが、ゆっくり巻くなら1/32の方がよいか??
いっぱーちーセールが週末にあるのでその時に調達予定。

松水裏の流れ込みなど、打ち込むが異常なし。
ブレイクラインまで届いていないか??
スピニングで釣りたいのだが、戦略を再検討する必要がある。

釣れないので清掃活動に精をだすことに。
ゴミだけはいつもだって大量。


とくにタバコの吸殻が大量。

吸うことになんの意味もないので、

皆さん禁煙しましょう。

ポイ捨てする必要もなくなりますよ。

いつもどおり安定の異常なし。

次に向かったのは木戸川。

時間は9時ごろ。

河口でさおを並べている老人発見。

私は北上し、流れ込みを中心にジグヘッドでサーチ。

湖面近くに波紋が生じることがあるので魚はいる模様。

ここも異常なし。

どうせつれないのでゴミ収集活動も

同時並行で実施。

折り返して河口へ戻る。

湖岸近くにときおり波紋がたつので魚はいる模様。

朝方が狙い目か?

清掃活動中にこいつを発見。

ワカサギ系か???

河口先端には入水修行僧が。

ご苦労さまっす。

時間は10時。
時間的にもつれる気がしないので
野離子川方面を偵察することに。



ブレイクまで届けば釣れる冬のポイントらしいです。
やはり次回からはベイトタックルか???
デスアダー6インチとか、スコーンとかか??
巻き抵抗があれば集中力も続くと思われるので、
スイムジグ系でやってみようか。

野離子川を過ぎたところにある石碑。
この辺りもよいポイントかと。

河口先端には入水修行僧。
おつかれさまっす。

木戸川河口にもどりしばらく活動。

湧き水ポイントがあるようだがどこなんでしょうか?

清掃活動結果。

ゴミだけは大量です。

捨てんなぼけ。

というわけでいつもどおりの異常なし。

12時ごろに撤退。

まったく魚を触れていませんが、
漁港の小バス駆除をする気もありません。
なんとか冬の間に”狙った魚”を駆除したい。

あと、駆除活動を進めるあたって
「考える」ことを今まで以上に留意する必要がある。
水温、風、水質、湖流、ベイト、地形、ルアー、レンジ、スピードなどなど。