ルアー殉職。諸行無常の響きあり(2017年3月10日025)

「湖西」釣果報告

ルアーの一生は、なんと儚いことか。
改めてこの事実に気づかされた一夜。

釣れない日々が続いていますが、
釣れる日は必ずやってくる。
こう信じて出動しました。

TN60サイレント黒王ギル。

活動エリア・天候等

蓬莱浜
松の浦

2017/3/10(金)
[6:00]薄曇り/中風
気温 4度/中潮
水温 瀬田川 8.4
琵琶湖大橋 8.3
安曇川沖 7.6
5点平均水位 -12cm
放水 100t/s

釣果

大潮突入の週末。
この数日、冬に逆戻りしたような寒の戻りがあったことから、
環境激変の南湖より比較的影響が少ないであろう北湖を選択。
また、噂によると、今週末は北湖が大爆発するらしい。
期待して現地に向かう。
22時頃に現地着。

風少々。波も少々。まぁまぁ釣れそうな気配。

この日のために調達しておいたこいつ。
TN60サイレント。
真っ黒なルアーが欲しいところだがなかったため、これ。
たしか春はサイレントがよかったはず。

TN60サイレント黒王ギル(この後殉職)

ひたすらランガン。
途中水鳥がいたため、ベイトがさしているか??と期待したが異常なし。

1時間ほどやって、風がなくなる。
波もなくなる。
釣れる気がなくなる。
いつものパターン。
釣れないパターンがわかるようになってきたので進歩か?

風が少しでもあたるであろうポイント、
以前から気になっていたポイントへの移動を決意。

とりあえず北へ向かう。

松の浦の浜の一番南の方。
桟橋エリアへ。

一番南側の流れ込みを目指してバイブレーションでランガン。

桟橋には先行者あり。
雄琴港近くに住んでいるらしい。
砂を家に持ち込むと奥さんに切れられるので
いつも細心の注意をはらっているらしい。
最近はあまりつれていないらしい。
この付近の根掛かりポイントを教えてもらう。

流れ込みまで来ました。
沖に石がごろごろ転がっているらしいが、
いまいちよく分からない。
そこまで飛んでいないだけか?

小一時間攻め続けるが何もおこらない。
帰り間際、桟橋北側の流れ込みでバイブレーション殉職。
諸行無常とはこのこと。
これにより、戦意喪失。

再度蓬莱方面へ戻る。
かなりやる気がなくなったが、最後の力を振り絞りジグヘッド。
ドライブスティックの4インチ。
このカラーは釣れそう。

ドライブスティック4インチとジグヘッド

が、崩れエリエリアで殉職。
完全意気消沈。
1時ごろ終了。

で、鉄板ポイントへ。

深夜のスタミナ定食

そのうち釣れるでしょう。

使った道具

    • ロッド Shimano ポイズンアドレナ 1610MH-2
    • リール Shimano 15メタニウムDC HG
    • ライン 14lb クレハ シーガーフロロマイスター
    • ルアー TN60 サイレント 黒王ギル(殉職)
    • ロッド Shimano ポイズンアドレナ 266L-2
    • リール Shimano 16ヴァンキッシュ 2500HGS
    • ライン 4lb クレハ シーガーフロロマイスター
    • ルアー ドライブスティック4インチ ジグヘッド

    今後の課題など

    • ポイントの見切りができるようになってきたのは○。
    • ポイント移動先のバリエーションを今後増やしていきたいところ。

    2017年これまでの釣果

    釣行回数 400アップ 500アップ 600アップ 700アップ 異常なし(ボウズ)
    1月 12 0 0 0 0 10
    2月 9 0 1 0 0 8
    3月 4 0 0 0 0 4