4月は南湖でボウズ逃れ(2017年4月5日033)

「南湖」釣果報告

この日は公休日。前日の夜からの出撃も検討したが、夜出発⇒夜釣り⇒仮眠⇒朝まづめは身体的にしんどいので朝まづめ⇒夕方までコースを選択した。

活動エリア・天候等

北山田
志那
津田江
葉山川
瀬田川
2017/4/5(水)
[5:30]晴れ/微風
気温 6度/小潮
水温 瀬田川 12.7
琵琶湖大橋 11.0
安曇川沖 9.0
5点平均水位 +3cm
放水 50t/s

釣果

PEライン常用を推進するため、
メインで使用しているスピニングタックルにもPEラインを巻いた。さて、どうなるか。。

朝5時くらいから開始。ポイント選びに難があるのかどうかを調べるため、リグはダウンショット一択。魚がいるかどうかを確認する作業に徹することとした。

まずは北山田。

春の北山田

春の北山田

春の北山田

見えますか?大量のユスリカ??

大量のユスリカ

異常なし。PEラインにも異常なし。大変よろしい。

次は志那。春の志那

春の志那

異常なし。PEラインにも異常なし。大変よろしい。

次は津田江。異常あり。

津田江の子バス

ゴミ溜りの向こう側に投げたら、小さいけど食って来ました。

春の津田江

ココンっという軽快な当たり。魚はよく動けているのでしょうか?

魚が溜まっている感があったので、しばらく粘るが異常なし。

魚がいる場所を確認できたのでよし。加えて、ここでつれるならあそこでも釣れそうやな、というポイントも頭に浮かんだため次回訪問予定。

この時点で昼ごろ。葉山川へ。

春の葉山川

春の葉山川

あちこちで魚の波紋&バシャバシャ。

春の葉山川

春の葉山川
しかし異常なし。

そしてもっともホットと思われる瀬田川へ向かう。

春の瀬田川

到着後、早々にライントラブル。多めに巻いていたのがあだとなったか??まだまだ修行が足りない。

そして通りすがりに釣りガール?と出会う。毎日来ているらしい。やたら詳しい。PEのスピニングタックルでメタル等々。

東レの排水溝の場所を確認。中州の南側へ。

前回ギルを大量駆除されていた箇所には魚が溜まっているらしく、投げるたびに極小あたりがある。多分ギル。やはりギル。

瀬田川のギル

しばらくやっていると小バスがつれました。瀬田川の子バス

ずーっとやっているといいサイズが釣れるのでしょうか???しかし風が止んだ後は反応がなくなる、このあたりは非常に顕著。風や日当たりぐあいは魚の活性や居場所に影響を与えることを再認識。

春の瀬田川

で、帰り際に釣りガールに釣果報告。また来ますと言い残し、本日は終了。
東レの排水溝付近??

以前から認識していた課題。リグるのに時間かかりすぎ。

太いラインなら問題ないが、細いラインだと時間がかかる。時間がかかるので投げる回数が減る、加えていらいらしてきて集中力がなくなる。負のスパイラル脱却のため、家で練習する必要がある。

今後の課題など

  • PEラインの取扱にもっと慣れる。
  • ラインを結ぶ練習をする。