南湖「御殿浜」での釣果報告(2017年4月21日039)

「南湖」釣果報告

ここ最近釣れていません。

皆さん春爆などといって大きいのを釣っているようですが、
下手糞の私には難しい時期です。
とりあえず生命感を感じたいので、
ギルの反応があった南湖御殿浜に向かいました。
御殿浜で生命感を感じつつ、
まぐれでバスが釣れることを期待することにしました。

夜の御殿浜

活動エリア・天候等

御殿浜

2017/4/21(金)
[5:30]曇り/微風
気温 10度/長潮
水温 瀬田川 15.2
琵琶湖大橋 13.2
安曇川沖 10.8
5点平均水位 +16cm
放水 250t/s

釣果

当初の目的地は北山田に設定していたが、
あたりが全くないとモチベーションが維持できないので、
ギルでもいいから当たりのある御殿浜を選択。
後にこの選択は正しかったことが分かる。
22時頃に現地着。
この日も駐車場前には多くの釣り師が。
ライトでがんがん水面を照らしながらの釣行、勘弁してください。
メタニウムDCは復活しましたが、先日のPEヘビキャロ釣行で
左肩の痛みがひどくなったため、この日はスピニングを選択。
PEスピニングでのダウンショット、えさはレッグワーム2.5インチ。
そしてヘッドライトを・・・
無い。
ヘッドライトが無い。
そういえば自宅出発前に長男が遊んでいたような・・・
「パパ~、お魚釣りいきたい~」と息子が言っていたような。
どうもヘッドライトを忘れてきたようです。
なので北山田なんか行ったところで何も見えません。
ここ御殿浜は明るいので問題なしです、
御殿浜選択は正しかったようです。

ギルがたまっているポイントに投げ込む、あたりがあります。
生命感があるのは大変よろしい。ギルがいるということは
バスもいると思うのですが、ギル特有の当たりしかありません。
バスは少し沖の方に待機しているのか?と考え、
沖の方まで投げてみますがギルの当たりしかありません。
結果、ギル2匹は釣り上げました。

駆除したブルーギル

何もつれないよりはましか。。
駐車場前に岬になっているところでは
何匹が釣っていた模様。ここのポイントはやはりあそこやな。
その後は小移動を繰り替えしながら
ダウンショット釣行を続けますが
ギルのあたりがある程度。
サギっぽい鳥が魚を狙っていたので、
その辺りでねばっても見ましたがだめでした。
バスはどこへ行った?
放水量は250トンを超えているのでシャローちゃうんかい?
だいぶ沖のメインチャネル付近なのか??
ポイント移動したかったが、
ヘッドライトがないので明るいポイントで無いと難しい。
ということで今日は御殿浜と心中することに。
で、左肩が痛いですが、ここでPEヘビキャロに切り替えました。
夜なのでどこまで飛んでいるか分かりませんが、
飛ばせるだけ飛ばして沖を目指します。
ウィードらしきものは皆無、たまーに石らしきものが沈んでいるようです。
PEラインのおかげなのか、底の状況もなんとなく分かります。
よく、PEだとかなりいろんなことが分かるとネット上で書かれていますが、
そこまで分からないのは私の未熟さゆえんでしょうか???
それはさておき、風が吹いていてもシンカーの重さでキャストには困らないし、

ラインもある程度張った状態で底を探れるので、

ヘビキャロでPEラインを使わない理由は無い気がします。

さて、天一方面まで行ってみますがあたりも何もありません。
戻って再度ダウンショットに変更。
たまに当たりがあるだけ。
1時半を過ぎて終了。
ギル2匹で終了。
御殿浜でもバス駆除ならず。
時期が進行すればイージーに釣れることは分かっているのですが、
この時期はまだのようです。
ポイントが違うようなので、
次回釣行は別ポイントとします。

夜の御殿浜

今後の課題など

  • 出発前の忘れ物点検を怠らない。