連休突入!早朝の琵琶湖プリンス前釣行(2017年4月30日044)

2017年5月2日「南湖」釣果報告

早くも連休に入った人が多いようで、

金曜日の夜からにおの浜あたりは釣り人が溢れかえっております。
深夜なのに未就学児を連れた父親もいる有様。もう見てらんない。
そんな中、あえて人ごみの中に紛れ込む。
そこから何かを得ることを目的として、プリンス前に突撃してきました。

早朝のプリンスホテル

活動エリア・天候等

プリンス前の石畳(におの浜??由美浜??)

2017/4/30(日)
[5:00]晴れ/弱風
気温 7度/中潮
水温 瀬田川 16.5
琵琶湖大橋 14.2
安曇川沖 11.7
5点平均水位 +3cm
放水 50t/s

釣果

3時半頃に起床し出発。4時ごろはまだ暗かった。
4時半前に現地着、夜はあけてもう明るい。
駐車場には車多数、県外ナンバー多数。
連休の風物詩。
「よーし、琵琶湖でたくさん釣るぞー」
という意気込みが感じられる釣り人多数。
いい思い出ができるといいですね。
仕度をして岬先端を目指す。
が、既に釣り人多数。先端は入るスペースが無い。
仕方なく少し外れた場所へイン。

早朝のプリンスホテル前

ほぼ無風、べた凪。これはつれないやつや。

本日も朝早くから釣り堀開店。

空に写っている黒い点々は琵琶湖虫こと大量のユスリカ。

琵琶湖プリンスホテル前で遠投する釣り人

周りは全員ベイトタックルで遠投中。

私はひたすらダウンショットリグを投入、
足元にいるデカバスを狙います。
この日も石畳の一番下魚がたまっているようで、
集中的に投げ入れるがギルっぽいあたりがあるだけ。
ためしに合わせてもすっぽ抜けて貴重なレッグワームの
尻尾だけが殉職する有様。勘弁してください。
もしかしたら中層ではなく浮いているのか?と考え、
カットテール4インチのノーシンカーや
フリックシェイクのノーシンカーワッキーを試すがあたりすら無し。
一番底なのか??と考え、
カットテール4インチのネコリグも試すが、異常なし。
この間、周りもまったくつれていない状況。
昨日の春の嵐が影響しているのか???
これ以上ここで粘っても仕方ないので場所することに。
バスフィのてんちょの勇士を横目に車に戻り、琵琶湖ホール裏へ移動。

琵琶湖ホール裏

琵琶湖ホール裏も釣り人多数。
某ブロガーの姿も確認。最近リールを買ったらしい。
まずはカットテールのネコリグから。釣れる気がしない。
次にダウンショット。ワッキー、等々。異常はない。
ミニスコーンも試すがすぐにあきる。

琵琶湖ホール裏で使用したミニスコーン

桟橋付近ではライトテキサス。異常なし。

なんというか、ウィードが無い。

琵琶湖ホール裏の桟橋

最後琵琶湖ホール裏に陣取りダウンショットで粘る。

関係ないがかばんを新調。
Abu Garcia One Shoulder bag 2(アブ・ガルシア ワンショルダーバッグ2)


気が向いたら後日レビューする。

9時半頃になり、根掛かりでシンカーだけ殉職。

もう無理やろ。ということで家族とカフェランチすることとし、帰宅。


釣っている人を目撃することなく終了。
夜からの気温低下、昨日の嵐、代掻き。
このあたりが主な原因か?
この悪環境から一本でも引っ張ってくるだけの力が欲しいところ。

今後の課題など

  • 周りがつれていなくても集中する。魚は必ずいる。