荒れる「におの浜」での夜釣行記録(2017年5月1日045)

「南湖」釣果報告

5月に突入しました。(4月の総括は後日。)あと一日の公務の後、連休に突入です。連休突入前の緊張感から、いてもいったてもいられず、この日も出撃してきました。写真は別の日に撮影したイメージ図。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年5月1日 夜の部
  • におの浜
  • 今年45回目の釣行

釣果

洗い物をして、部屋の片付けをして、子どもを風呂に突っ込んで、さぁ、出撃。と思ったらリーダーが短くなっていたので、FGノットでリーダーを結ぶところからスタート。ついでにダウンショットリグも組んでおいて、現地着と同時に釣りができるようにした。

ためしに家の中でシェイクシェイクしていると、子どもたちが「やらして~~」と言って興味をもっていたので、今後の展開が楽しみである。

FGノット。先日練習したので成功率はほぼ100%に。しかし、編みこみ時の最初の方でラインがダマになってしまうことがあるので、さらなる練習を要する。気が向いたらPEライン特集を記事にする予定。

さて、現地着は22時過ぎ。県外ナンバー多数、大阪、神戸、名古屋、石川、相模。連休ですな、ご苦労様です。しかし釣り人は少なめ。

タックルを持って駐車場前の岸際へ。風が結構吹いてます、湖面はジャバジャバしてます。荒れてます。荒れたにおの浜です。PEラインなので釣りにくいことこの上ありませんが、この雰囲気はでかいの岸際によっている雰囲気です。

ダウンショットのシンカーは1/16、何とか投げられます。しばらくするとアタリ。多分ギル。活性は高そうです。そうこうしているうちに、250mmの小バスを駆除。


写真はイメージ図。

写真を撮ろうとしたところ、携帯電話が無い。車の中にも無い。自宅に忘れてきたらしい。腕時計も忘れたので、今何時かも分からない。仕方ない、外灯が消えたら帰ることにしよう。

あたりは多数あったがギルか小バス。お前たちに用は無い。しかしギルや小バスが動き出しているので、冬の生命感が全く無かった時期よりはましか。
風が弱まってきたこともあってか、アタリが無くなる。そしてユスリカが眼鏡に止まる有様。

ということで駐車場前で小一時間粘った後、総門川東へ移動。某ブロガーK氏の横にIN。しゃくり方が一般的なやり方とちょっと違うなぁなどと観察しつつ、
ダウンショット釣行継続。

足元近くでもあたりがないのでシンカーを3/32に変更しちょっと遠投。するとアタリが出てきたがギルor小バス。湖面はジャバジャバしているが、風が無いためいまいちな感じ。そして外灯が消灯。0時です。 明日も公務があるので終了しました。

ボウズは回避できましたが、小バス1匹。周りもつれていなかったようです。荒れた感じで雰囲気は非常によかったのだが・・・でかいのはどこだ????

今後の課題など

  • 忘れ物をしないように気をつける。