日ごとにサイズアップ!湖西で40アップと出会う(2017年5月12日051)

「湖西」釣果報告

この日は気温も高く、夜から雨が降る予報。

春の暖かい雨を期待して、最近好調の湖西へ出動。好調と言っても小バスばかりなので、今夜は化け物と出会いたいものです。

活動エリア・天候等

八屋戸浜
2017/5/13(土)
[5:00]雨/中風
気温 14度/中潮
水温 瀬田川 20.6
琵琶湖大橋 18.3
安曇川沖 16.1
5点平均水位 +-0cm
放水 68t/s

2017/5/12(金)
[5:00]薄曇り/弱風
気温 15度/大潮
水温 瀬田川 20.3
琵琶湖大橋 17.9
安曇川沖 16.3
5点平均水位 -1cm
放水 40t/s

釣果

22時頃に現地着。
しかし雨が降っていない。
おかしい、こんなはずではない。
風も無い。なんじゃこりゃ

本日のテーマはボトムふわふわアクションで釣る。
最近の傾向として、着底後のボトムでバイトがあり、
底をふわふわさせるのが良い模様。
まずはダウンショット、続いてボトム狙いとする。

とりあえずダウンショットで一帯をサーチ開始。
ピンポイントを中心に探るが異常なし。
前回釣れたポイントもあたりなし。

前回よりも湖流が感じられたため、
湖流がぶつかるであろう河口付近へ。
一投目からアタリあり。しかしショートバイト。
バイト後にしばらく待つが、相手にされていない模様。
狙いどころは正解だったか?
しかしその後は沈黙、たまたまだったか???

流れ込み前へ移動。
異常なし。
ウィードがないとこのポイントは活きてこないと思われる。

雨が途中から降り始めるが、普通に冷たい。
暖かくない。これは見当違いであった。

再度河口へ。異常なし。

河口南側へ。
ここでリグチェンジ。
カットテール4インチのノーシンカーへ。
変化のある場所でボトム付近をゆっくり動かす。
ここでアタリが一回出るが、すぐ離してしまう。

次に再度ディープゾーンへ。
ボトムでゴリゴリするところで放置。
すると極小バイト2回。
しばらく放置、魚との我慢比べ。
さおでそっと聞いてみると、生命感があったところからの
フッキング。これが中途半端となったが一応乗のった模様。

前回よりも同じような引き、40ないくらいか?
と思ったがあがってきた魚の体型は湖西っぽいいい感じの体型。

湖西で釣ったブラックバス

陸にあげた瞬間フックオフしたため、
湖へジャンプしようとする魚を足全体でブロックする。

サイズは41センチ。久しぶりの400アップです。

湖西で釣った40アップのブラックバス

これでもまだ小バスだけど、400越えたので良し。
たまたまだろうけど、リグチェンジが奏功したのも高評価。
着実にステップアップしているものと思われる。

その後は異常なしが続き、終了。
バイトはここ最近では一番多かったが、乗ってこない。
のっても針がかりが浅く、食いが浅い模様。
ボトムでじっくり、ゆっくりアクションさせるのが
この時期はよいのだろうか?
傾向が掴めて気がしてきたのでよい釣行となった。

今後の課題など

  • 狙い通りに釣れた感があるので良し。これを継続する。