無風の湖西エリアのピンポイントで40後半を水揚げ 2017年5月19日

2017年5月22日「湖西」釣果報告

湖西で釣った40アップ

前回の湖西モンスターとの再会を期して、この日も湖西へ出撃。

いつものダウンショットリグ釣行でビッグバスを狙った。

途中から某A氏と合流。

結果、小生は40UPの水揚げに成功した。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年5月19日 夜の部
  • 木戸川、八屋戸
  • 今年54回目の釣行

ダウンショット釣行でビッグバスを狙う

22時頃に現地着。

まずは前回55cmを超えるビッグバスが釣れたポイントを再訪。

抜き足、差し足、忍び足でポイントへ近づき、遠目からキャスト。

居たら食ってくるはず、そんな気持ちでダウンショットリグをキャストする。

ダウンショットで使用するワームは「レインズ ロックバイブシャッド3インチ」のブラック。

レインズ ロックバイブシャッドの簡単な紹介

釣具屋に行っても隅っこの方に陳列されているワームで、人気がないワームである。

しかし、人気が無いからといって釣れないわけではない。

このワームの特徴は、リフトさせたときにテールがよく震えること。

フルフル震える感触が手元まで伝わってくるので、飽きずに釣り続けられる。

そして価格が400円台という安さ。しかし12本入りでいっぱい入っている。

小生オススメのワームである。

べた凪なので釣れないのか!?

そんな小生オススメのロックバイブシャッドのダウンショットで探索したが、異常なし。

長靴で少しだけ入水する。

シーンとしたべた凪で水の流れが感じられない。

ここは湖流が当たって流れがよれていないと魚が居ないと思われるポイント。

ということは、これは釣れない状況。

そして某A氏と連絡を取り合う。A氏とはSNS上で知り合った。

A氏の現在地は南湖東岸で強風らしい

こっちは無風だと言うのに・・・であれば東へ行ってやろうか??

などと思っていたが、既に西岸に来ているらしい。行動力ありすぎやろ。

で、合流した。きりがいいので場所を変更することとした。

ピンと思われるポイントで40UP捕獲

A氏とともに2箇所目へ移動。

先ほどと違い、風がある。

これは期待できるか?

まずは魚がいるであろうピンへイン。

ダウンショットリグをなるべく遠くまでキャストして探ってくる。

とろろ藻っぽいウィード?腐ったウィード?が絡んでくる。

前回釣行時はそんなに絡まってこなかったのだが、季節が進行して成長したのだろうか?

そんな場所にやはり魚はいたようである。

バイトからロッドが曲がっていくパターン。

はじめは小バスかと思ったが、途中から引きが強くなり40UP確定。

結構引きが強く、ドラグも心地よく出て行く気持ちよいファイト。

某A氏を横目に測定。サイズは45cm。1600グラムであった。

湖西で釣った45センチ、1600グラムのブラックバス

このポイントはやっぱり釣れる。

で、一通りA氏にポイントを案内したが、この周辺はウィードがないと難しいエリア。

異常なしであった。

最後、流れ込み前で粘るが、小バイトのみ。

小バスなのか?食いが浅いのか?

その後は何事も無く終了した。

この日の総括

ポイントの良し悪しを再認識出来た。

やはり風もしくは水が動いていないと難しい感じである。

今回も釣れたので、この調子を維持しつつ、引き続き通い込む所存である。