ミノーで浜をランガンしてニゴイを捕らえました(2017年6月10日070)

「湖西」釣果報告


5月下旬に湖西モンスターを水揚げして以来、ろくな魚に触れていない。

いつもと違うことをして変化を期待することとし、浜をランガンしてみることにした。

結果、外道の水揚げにとどまったが、先日から悩まされていたショートバイトの謎が解けたものと思われる。

活動エリア・天候等

木戸川
松の浦

釣果

アフターの時期で沖目のディープに潜む魚は潜んでいるのだろうか?
最近はホームグラウンドではシャローでの結果が全く出ていない。
ヘビキャロで沖を狙えばよいのだろうが、スローな釣りで集中力を維持することが難しい。
ましてや、頻繁にあたりがあるわけでもなく、2時間やって1バイトあるかないか。
冬ほどではないが少ないバイトを待つのはなかなかしんどいものである。

また、夜にヘビキャロすることに意味はあるのか?という疑問もある。岸際まで魚が寄ってくるのを狙い打つのが夜の釣りのはず。ヘビキャロはそれを完全無視することになるので、夜にする必要は本来無いのではないだろうか?
先日遭遇した仙人の知り合いの関東からの遠征釣り師も、「夜のヘビキャロってありなんすかねぇ?」といっていた。一応、実績はあるので「あり」ではあるのだろうが、積極的にやるものでは無い気がする。

さて、最近は琵琶湖全体が不調のようだが、巻きで釣る人が多いように感じる。
スピナーベイターをはじめ、クランクで50後半をあげている方もいらっしゃるようである。
さらに、ランガンの達人でもある琵琶湖の達人がかく語りき。「実績がある場所をたくさん作る」。
これらを総合的に勘案し、私も巻きで新たなる新地を切り開くこととし、「浜を巻きでランガン」をテーマにこの日は活動することとした。

自宅を21時半ごろに出発。まずは巻くためのエサを調達するために近所の釣具屋へ。買うものは既に決めている。

メガバスX-70と16ヴァンキッシュ

メガバスのX-70。

ミノー神、現在のスピナーベイターがおすすめしていたミノー。ネット上の評判も上々。
サスペンドタイプのアユカラー、これを購入。

メガバスX-70

サスペンドタイプなので浜での根掛かりが少々心配である。
サイズは思っていたより大分小さい。
これは湖西モンスターの親分に丸呑みにされてまうなぁ、と妄想しながら釣り場へ急ぐ。

23時頃に現地着。誰もいない。ランガン日和である。
風は無い。昼間の風の影響であろうか、波は激しい。巻き日和である。
そして買ったばかりのX-70をスピニングタックルに装着し、夜の浜へ向かう。
とりあえず投げて巻いていく。そして歩く。これの繰り返し。
ただし、重要ポイントとして流れ込み近辺は何度も投げる。
去る際には近くに釣り師がいないことを確認した上でベイトフィッシュの確認。ベイトはいる。
サイズもX-70並み。あとはバスが食ってくるのを待つだけ。

巻きスピードはミノーがアクションしているのが感じられる程度にゆっくり巻く。
オープンスペースをゆらゆら泳いでくる一口サイズの鮎がいたら、口を使ってくるはず。
時折、魚??ん??ウィード??といったアタリのような感触があるが、異常なし。
魚か??例のショートバイトの犯人か??

途中釣り師を発見。ここもいいピンポイントのはず。
去年の12月頃だろうか、朝にこのあたりで釣りしていたときに出会った初老紳士が夜に50アップを数匹釣ったといっていた。他にも、あのあたりには石が沈んでいてマズメ時にフィーディングしている、とか、スコーンをセカンドブレイクまで投げてブレイクショルダーに着底させ、反応なければ回収、という釣りをしていたらそのうちでかいのが釣れる、とか、いろいろ教わった。やけに詳しい人だと感心していたら、昔某釣具メーカーのフィールドテスターをしていたらしい。下野氏や菊池氏を呼び捨てされていたので、その時代に活躍された方のようである。

しかしこの日は釣れない。ベイトは確認できた。荒れた日の避難所的なポイントなのか?
この日の波程度では魚は寄ってこないのか???

さらに進む。大型ストラクチャー付近は人が大目、やはりここも釣れるのだろうか??
マナー面で思うところがあったが、ここはスルー。

スルーして先に進む。ひたすら投げ続ける。微妙な抵抗感、ルアーが泳いでいる感触があるので楽しめている。時折謎のバイト?が出るが乗らないのか勘違いなのか?

そして流れ込み付近で足元を巻いている時に待望のアタリ。ドラグがジーと出る。
おぉ、きたきた。40はあるかな。アフターなだけあってスリムやな。ん?こんなに白かったっけ?あれ?

湖西の浜で釣ったニゴイ

呼んでません。
ショートバイトの犯人もおそらくこの方と思われます。そういうことにしておきます。
しかしながら、ミノーで釣れたことは収穫、巻き方に間違いはないと思いたい。

さらに進む。このあたりはずっと砂浜。波もおだやかになっており、ライトで湖を照らしても魚がいないのが丸見え。砂浜エリアにはニゴイしかいないのでは??とりあえず松の浦の取水塔を目指す。

途中、ディープが近いエリアで先行釣り師発見。投げながら近づいていくといつの間にか姿を消す。

そのまま取水塔方面へ。先ほどの釣り師発見。取水塔にはりついている。キャストしながら横目で様子をうかがっていたが、移動する気配が無かったためここで終了する。
復路はダウンショットを投げながらのつもりだったが、この時点で既に3時前。そんな元気はない。

新規ポイントの開拓という点では大きな成果はなかったが、ショートバイト容疑の魚を確認できたことが収穫。また、砂浜エリアの沖目には新しいウィードを確認。生え始めの時期が釣りやすく、また、釣れるのではないだろうか?

X-70と綺麗なウィード

以上です。結局釣れないので、また夜キャロに戻るかもです。

 

今後の課題など

 

  • ランガンは継続していく
  • やはりディープ狙いなのか??