湖西を新規開拓しても釣れるのはニゴイだけ 2017年6月23日

「湖西」釣果報告

普段通っているポイントでは釣果があがらないので、この日は付近のポイント開拓を行うこととした。ミノーでひたすらランガンしてみたものの、ニゴイの水揚げに終わった。この時期は釣れないポイントであることが確認できたので成果はあったといえるが、バスに出会えるのはいつになるのだろうか。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年6月23日 夜の部
  • 木戸川
  • 大谷川
  • 青柳浜
  • 比良
  • 松の浦
  • 木戸川
  • 今年76回目の釣行

釣果

ホームグラウンドの調子が思わしくない。5月途中までは好調で、ええ感じに40アップを水揚げすることができていたが、その後は沈黙が長く続いている。沖狙いのヘビキャロという作戦が残っているが、シャローの魚を狙って釣りたいのでミノー X-70 によるランガンを決行した。さらに、いつものポイント近くの新規開拓を行ってみることとした。

22時頃に現地着。早々に準備をしてまずは実績ポイントの確認からスタート。水は動いているようだが、荒れていない。荒れていないとここは釣れない。そして本当に釣れない。

そこから小移動。久々にくる大谷川河口。去年の秋にお世話になったポイント。やはりここは湖流がすごい。

シャロー狙いのランガンスタート。ひたすら北上する。
ミノーのただ巻き。スローにただ巻き。テンポよく進んでいく。
ミノーが届く範囲、20~30メートルの範囲内?にはウィードの痕跡すらなし。

しかもベイトがいない。まずい。ここは釣れないのか??
諦めようかと考えたが、釣れないなりに得るものがあるだろうと考え続行。
ディープが迫っている場所にはベイトがいたので、ブレイクあたりに魚が溜まっているかも。

途中でルアーをX-70からセイラミノー80Sのピンク色にチェンジ。
見た目変化が無い浜をひたすら北上。途中ワイバイトあったがばれてしまう。多分ニゴイ。今日もまたニゴイのお世話になるのか??

このままずっと北上できるのかと思っていたが、どうもそうではなかったようで事実上の行き止まりに行き着く。その周辺に入水修行僧発見。なんとなく話しかけにくい感じだったのでスルー。入水して沖狙いの模様。

ここはいわゆる南比良エリア。あまりポイントとして情報が出てこないのは、基本釣りが出来ないからの様子。私有地という理由から立ち入り禁止箇所が多い。琵琶湖湖岸が私有地として認められるのかは不明。ただ、過去に釣り師の迷惑行為が多かったのだろう、明らかにエリア全体が非歓迎ムードである。

そして折り返し。大谷川を目指して南下。
釣れる気はしない。しかし集中してセイラミノーをゆっくり巻き続ける。
もちろん「釣れてけろ」は忘れずに。
そのかいがあったのか、ミノーに反応あり。ガツンと食った後ドラグが出まくり。かなりいい感じの引きである。「おおぉ、ゴンザー来たよ!」「努力はいつか報われる」などと一人興奮して魚を浜に引き上げる。しかし、なんだかシルエットがおかしい。またか。

青柳浜で釣ったニゴイ
でました。これが釣れてけろ効果なのか???一応40アップ。セイラミノーで釣れることも確認。しかしこれじゃない。


その後は比良エリアの開拓を行う予定だったが、釣りを行うのが難しそうな場所だったので取りやめ。大谷川をスルーして松の浦の取水塔へ。

夜の松の浦
ミノーのスローリトリーブ作戦を展開するものの異常なし。魚の気配もなし。やはりこの時期は沖にいるのか???

最後は木戸川に戻る。しかし数投で終了。体の調子がおかしい。以上で終了。ニゴイ40アップのみ。

ネット上の釣果情報を見ても、ヘビキャロによるものが多い。この時期は沖なのか??今後、沖狙い中心の釣行を検討していく。あるいは冬の釣りの練習としてミドスト釣行も検討したい。シャローにも魚はいるはずなので、食わせるためのミドストで爆釣する可能性もある。

新規開拓も継続して行いたいが、平日の夜にいける範囲で開拓となるとなかなか難しい。土日用にもう少し北の方まで足を伸ばすか?

修行はまだまだ続く。

X-70とセイラミノー80S

今後の課題など

  • 沖狙いにシフトする?
  • 新規ポイント開拓を継続する。