三連休初日に状況一転、人が多いだけで釣れない湖西 2017年7月15日

「湖西」釣果報告

この日は、野暮用ついでに立ち寄った北湖東岸で小一時間釣りを楽しんできました。さらに、前日の釣果に満足した小生、この日も湖西へ出撃してまいりました。

状況変化が感じられなかったため、前回同様の釣りを展開したところ、事実上クソボウズという事態におちいってしまう。水中に変化が生じたのか?前回の成果はたまたまだったのか?苦悩の日々は続く。

釣りにいった日時・場所

  • 2017年7月15日(土)14時頃~15時頃
  • 愛知川河口付近
  • 2017年7月15日(土)22時頃~翌2時半頃
  • 八屋戸浜
  • 今年89回目の釣行

久々に昼間の釣り・北湖東岸での釣り

ちょっとした用事があり、北方面へ。用事が済んだのが13時半ごろ、普段来ない彦根近辺で釣りが出来る。うきうきしながら愛知川河口付近へイン。実は去年の夏から初秋までお世話になった場所である。


投げたのはミノーX-70とカットテール4インチノーシンカ。ベイトは大量にいるが、バスのバイトはなし。暑すぎることもあって小一時間で終了。


何もつれませんでしたが、昼間の釣りは楽しかったです。昼間に適当に楽しむぐらいがちょうどいい楽しみ方のような気がしました。

今夜もこのワームを使います

さて、夜の部の話。22時ごろに現地着。三連休初日の夜ということで先行者が多数いると予想、まずは湖岸一帯を偵察することとした。やはり先行者多数、遠方ナンバーが目立つ。わざわざ遠方からこんな僻地にこなくても、もっとメジャーなポイントに行けばいいのに・・・。昨夜釣れたポイントにも人影らしきものが・・・地合のタイミングで入れればいいので、まずは違うところで時間を費やすことにした。

現地の状況は風弱し、波ほぼ無しの状況。見た感じ昨夜と状況は大きく変わっていないように見受けられる。昨夜同様O.S.Pのドライブクローラー6.5インチを0.3グラムシンカーのネコリグセッティング完了。昨夜と同じワーム、同じリグ、同じポイント、そして同じ時間帯に釣れば、今夜も釣れるはずだ。


この思考がだめ。完全に思い出で釣っている。これに気づくのは、深夜2時を過ぎたころであった。

いつも通りの場所を流していく

最近のおなじみパターンである実績ポイントを流していくところからスタート。とはいえ、先行者が多いので本当に軽く流す。異常なし、周りも異常なし。時間も早いし、まぁそんなもんやろ。
次に人がいないポイントを流していく。こちらも異常なし。食い気のある魚はいないのか?しばらくキャストを続けるが異常なし。

時間は23時を過ぎた。道を行きかう車や人の気配が多い。例のポイントはどうなっている?入れるのか?気になってしょうがないので、少し時間は早いがポイントにインしてみて地合のタイミングで待機することにした。

人の出入りが激しくて移動できない

意気揚々と例のポイントへイン。よし、誰もいない。もう釣れたも同然である。早速キャスト開始。そのうち50アップが掛かるものだと確信しキャストし続ける。しかし、全ては妄想であった。異常はない。

まだ時間が早いか?移動すべきか?できればポイントを変えたかったのだが、人の出入りが多い今夜に移動するのはまずい。このポイントに入られたらまずい。移動したいのに移動できない状態におちいってしまう。しかしまぁ、0時を過ぎたら活性があがるだろう。そんな風に考え、今夜はここで固定砲台化することにした。

反応がないのでワームチェンジ

一向に反応が無いので、小バスと遊ぶためにワームをチェンジ。おなじみのヤマセンコー4インチノーシンカーである。湖面が穏やかになっていいたため、リアクションバイトを誘うようなチョンチョンアクションや、リフトアンドフォールを試す。

ここでバイトあり。ワームの端っこをついばむようなアタリにあわせたところ、すっぽ抜け。多分小バスかと思われるが、もう少し送り込んでからの方がよかったか?そしてここでアクシデント発生。ライトを照らしながら一人の人物が近づいてきて、湖面を照らす。私を照らす。何がしたいのか?詳細は省略するが、この妨害工作によりポイントがつぶれてしまったため、場を休ませることに。

バイトはこれだけ。他に異常はない。そして0時を過ぎ、私の中の地合に突入。

ほげってしまいそうなのでポイント移動

ここでワームとリグをドライブクローラーのネコリグに戻す。さぁ、いつでもこいやぁ。こんな意気込みでキャストを続ける。が、魚からの反応無し。この頃に気づき始める。昨夜と同じじゃ無い、状況が変わっている。昨夜のパターンは通用しない。

分かっているのに止められない。止まらない。もう完全に意思を失った固定砲台は、ひたすら反復運動を繰り返すのみであった。

1時半を過ぎる、地合終了。もうだめだ。この場所で同じことをやっても何も起こらない。現実的思考力を取り戻した固定砲台は、やっとのことで移動し始めるが、とき既に遅しであった。

ディープ隣接シャローへ移動

何らかの理由でディープに落ちたのかと考え、ディープが隣接するシャローゾーンへ移動。しかし何も起こらない。その後思いつくありとあらゆるポイントへ移動してキャストを続けるが、2時を過ぎ十分な時間がない。そしてクソボウズの事実をいさぎよく受け入れることにし、終了にいたった。

最後適当に投げたら釣れた(笑)

それでもクソボウズは避けたい一心で、帰りがてらキャストしていく。以前ギルっぽいバイトのあったあたりにキャストしたところ、チビが釣れました。


35センチくらいか?ボウズ回避ではあるが、こいつを釣っても意味は無い。とか言って、釣れたので嬉しかったりして(笑)


しかしながら、やはりあの場所には魚が溜まるのか??今後チェックすることとする。

諸行無行の響きあり

前日と同じパターンがはまることもある。しかし、当てはまらないこともある。ここ琵琶湖ではそれが顕著であることが分かっていたはずだが、実は何も分かっていなかったのだ。
場所やワームを変えることもできたはず。それができなかったのは考えることを捨て、前例踏襲することにしか意識がまわらなかった自分の失態である。

改めてのこの愚行によって引き起こされた失敗を胸中におき、琵琶湖バス釣り名人を目指す。

なんちって(笑)