夏の北湖東岸釣行とルアー選択について 2017年7月30日

「北湖東岸他」釣果報告

例年この時期にお世話になっている場所で釣りをしてきた。が、天候が悪くてすぐに釣りをやめることになってしまう。新規開拓も試みるが、こちらも面倒くさくなってしまい終了。書くことが無いので、思いつきで書いた私のルアー選択方法について説明しておきます。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年7月30日 4時半?5時半くらい
  • 北湖東岸某河川の河口付近
  • 今年97回目の釣行

某河川河口へ

夜明け前の4時半過ぎに現地入り。先行者あり。向かい風が強く、湖面も大分波立っている。遠くの方で雷が光っている。

写真はイメージ。

北湖東岸某所
先日のトップウォーター祭りを楽しもうと思ったのだが、この状況では無理。スピナーベイトでも巻きたいところだが、スピニングタックル1本しかない。
よってミノーを巻くこととした。 (写真はイメージ)

メガバスX-70

少し荒れ気味の状況なら魚をだませると考え、メガバスのミノーX-70を選択した。このX-70、多分ニゴイしか釣っていないはずのルアー。ここらでバスを釣っておきたいところ。

状況に応じたルアーの選択方法

今回は短期釣行であまり書くことがないので、ここで余談。私がルアーを選択するときの基本的な考え方を簡単に説明する。釣れないので多分間違っているのだろう。適当に思いつきで書いたので真似しないように。ただし異論反論は喜んでお受けいたしますので、ぜひ教えてください。弟子はしっかり暗記しておくこと。

風がある時(荒れている時)の基本的な考え方

風があるときは、以下のような状況になることが多いと考えている。(必ずしもこうなるわけではない。)

  • 水中に酸素が豊富に取り込まれ、魚の活性が上がる
  • 水が動くので新鮮な水がまわってきて、魚の活性が上がる
  • 湖面が波立つので魚の警戒心が薄まる
  • 水温上昇が抑えられる(夏は○、冬は×)
  • 濁りが生じて魚をだましやすい
  • 濁り始めは捕食しやすいため、魚の活性が高い

風がある時(荒れている時)の使用ルアー

風がある時の状況を踏まえ、ルアーは以下のようなものがいいか?

  • 基本的アクションはスローで。(活性高く、濁りで魚をだませるのでスローでOK)
  • 荒れている中でも水中でアピールできるルアーを使う。(強波動バイブ、スピナーベイト、スコーン?)
  • 強気のハードルアー、ミノーなどの巻きルアー、食わせ要素の強いワームを使う
  • 食い気があって魚をだましやすいので、バイブレーションやミノーといったハードプラグで釣れる可能性が増す?
  • フォール重視のノーシンカーワーム、またはずる引き
  • 私の経験上、デカバスは荒れ気味の時の方が釣れている
  • デカバスが釣れたときの風を覚えておく。この風が吹けば釣れるという風がある。(と思う。)

風が無いとき(荒れていない時)の環境

  • 水中に酸素が取り込まれにくく、魚の活性が上がらない
  • 水が動かず水質が悪化し、魚の活性が上がらない
  • 魚から水上が丸見えで警戒心が高まる
  • 水温が上昇しやすい(夏は×、冬は○)
  • 濁りがなくルアーを見切られやすい

風が無いとき(荒れていない時)の使用ルアー

風が無い時の状況を踏まえ、主にリアクション要素を念頭にルアー選択する。

  • 魚に見切られないよう、アクションはクイックに。
  • バイブレーションのリフトアンドフォール。高速巻き。
  • スピナーベイト
  • テキサス、ダウンショットでチョンチョンアクション
  • 魚に気配を悟らせない(岸から離れて釣りをする。いつも以上に静かに釣りをする。)
  • ミドストも効果的かと思われます。
  • 【追記】バスにとっては、ベイトから自分が丸見えなので捕食しにくい。よって、動きが遅いベイトをイミテートできる「ずる引き」推奨論もあり。

反応がないのでダウンショット

さて釣行に話を戻す。ミノーを投げるが異常なし。一度だけあたりっぽいのがあったがそれだけ。雷が光っている。びびって一時中断。ついでにダウンショットにリグ変更。スピナーベイトを投げていた先行者も一時中断したようだ。その他途中から現れた釣り人も待機中。さて、どうしようか。

遠くで雷光と小雨

雷が落ち着いたので再開。小雨も降ってくる。ダウンショットを打ち込んでいくが、雷が怖くて集中できない。数投してやる気がなくなる。

そして私の右どなり数メートルのところに釣り人が乱入、投げ始める。もっと向こう空いてるやん、あっち行けよ。と心の中でツイートする。彼のキャストフォームを見ると釣りに不慣れな感じだったので、彼の今後のことを考えて、ここは指摘すべきなのか?と一瞬思ったが、雷が怖いのでスルーして終了。

釣りはやめてポイント開拓

さて、どうするべきか?この時点で5時半くらい。場所を変えても雷の脅威からは逃れられない。よってポイント探索することにした。北湖東岸にはほとんどくることが無いが、もう何箇所か行く場所を確保しておけば今後楽しめるだろうと考えての新規開拓。

ネットでめぼしい所をチェックして、とりあえず適当な場所へ移動。が、面倒くさくなってくる。どうも北湖東岸は浜が多くて遠浅地形の模様。ウェーダーがあった方が良いとか、遠投が必要とか言われても、ただただ面倒くさい。少なくとも今日はそんな道具持っていません。たまにしか来ない場所なので、もうええわ、となってしまい新規開拓も終了。

雷がきたら釣りはやめる

反省も何もなく、ただ雷が怖い。遠くの方で雷が鳴っていても危険なので、ピカピカ光りだしたり音が鳴り出したら、基本的には速やかに釣りをやめて帰りましょう