濁った琵琶湖で有効?ジャークベイトで中層を狙う 2017年8月10日

「湖西」釣果報告

前日はデスアダー6インチで初めて魚を釣ることができた。この勢いに乗って引き続きデス6釣行も考えたが、現在の琵琶湖の状況と前夜の釣果を踏まえ、中層をスローに誘う釣りを展開することとした。魔界でジャークベイトを調達後、琵琶湖へ出撃。バイトはあったものの、痛恨のバラシ。狙いどころは正解だったのか??

釣りに行った日時・場所

  • 2017年8月10日(木)23時半頃〜2時頃
  • 湖西エリア
  • 今年106回目の釣行

狙いどころは中層をスローに

前夜のデス6初フィッシュを受け妄想。魚はどこにいるのか?どのレンジにいるのか?活性はどうなのか?

ここで一つの仮説を立ててみた。「中層をスローに誘うのが有効。キーワードは中層とスロー。」この仮説に至った理由は以下の通り。

  • 前夜はスローに巻いて釣れたから。
  • 水が濁っているので、中層巻きでも食ってくる。
  • 水温低下により活性は落ちている。スローに誘うのが有効。

根拠にかなり無理があるが、中層スローの釣りを展開することとした。

ミドストは却下

中層をスローに巻く釣りとして最初に思いついたのは、ミドスト。タフった状況で食わせることができる釣りであり、現状にマッチした釣り方であると言える。

しかし、ミドスト用にナイロン又はフロロを巻いたスピニングリールが必要。準備が面倒なので却下。とりあえず、そこそこのスピニングリールをもう一個用意する必要がある。

動画を見て決意

ミドストを却下したのち、たまたま下の動画を視聴。これにより、ジャークベイトの導入を決意した

3分15秒からの魚との駆け引きが見ものです。

夜なのでサイトフィッシュはできないが、中層でトゥイッチ、ステイで誘えるジャークベイトは今の琵琶湖で有効と考えた。そして魔界へ。

ジャークベイトASURA 925SP

魔界へ出動し、 O.S.P ASURA(アシュラ)925 SP を購入。在庫が少なく、その中からカラーがHMセクシーシャッドのものを選択。

ベイトが濃いポイントをランガン

ASURAを調達後、琵琶湖へ出撃。23時半頃に現地着。入水先行者あり。釣りをするポイントは、ベイトが濃い場所を中心としてランガンした。

アクションはトゥイッチを2回〜4回して2秒ほどステイ。この繰り返し。動きを目視すると、トゥイッチした瞬間ルアーがキラッと光る。まさに小魚。中層でステイできるのもジャークベイトの強み。これは釣れそうである。

沖の方に投げるとウィードに引っかかってしまうので、斜めにキャストしてウィードエッジから手前側を引くように配慮。

もっともベイトが濃いポイントでショートバイトが発生。アクション、レンジともに間違ってはいないようだ。

ピンをジャークベイトで狙い撃つ

ゴールデンタイムの1時になり、いつもお世話になっているピンへ。前夜にデス6でバイトのあった同じコースを巻く。そしてバイトがあった全く同じところで、ステイした後のトゥイッチで違和感。そしてググンとあたりが来てドラグが勢いよく出て行く。

ほっしゃー、きたー、狙い通り!と喜んだのもつかの間。魚が反転しこちらに近づいてくる。ラインテンションを緩ませないようロッドを動かすが、一瞬テンションが緩んでフックオフ。私のテンションも緩む。やってしまったーー!

合わせが若干びっくり合わせになってしまったせいか、きちんと口に刺さっていなかったのか??アタリがあっても急ぐ必要はないはず。今後の課題の一つとする。

さらに、真ん中のトレブルフックを見ると曲がっている。このバイトで曲がったのかどうかは不明だが、フックをもっと強いものに変えておくべきか?

その後は異常なし

その後、他の場所も撃っていくが何も起こらず、2時ごろで終了。

中層をスローにという狙いは間違っていなかったのだろうか?ピンだからバイトがあっただけなのか?思い込みを排除して、様々な観点から魚に近づいていきたい