夜の湖西ランガン釣行と新たなる決意 2017年8月11日

「湖西」釣果報告


この日は、なんとなくの釣りを展開した。まずほとんど実績のないポイントでデス6ランガンを決行、その後ジャークベイトでランガン。異常がないまま安定ポイントへインするものの、ここでも異常なく終了。今回の釣行を通して、安定して釣れるポイントを数カ所作っておきたいという、より強い意志を持つに至った。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年8月11日(金)22時頃〜1時半頃
  • 湖西エリア
  • 今年107回目の釣行

器物破損

この日はいつもより早めの20時半過ぎに自宅を出発。途中、必釣祈願のために立ち寄った場所で、犯罪の物的証拠を確認。器物破損です。

荒れ気味の琵琶湖

いつもと違う場所へ22時頃に着。激しい波の音が聞こえる。若干荒れている模様。しかし風は吹いておらず、非常に蒸し暑い。準備を整え入水。今回来たポイントはよく釣れると聞くが、ほとんど釣ったことのないポイント。そこをデス6でランガンする釣行である。

流されそうになりながらもランガン

腰あたりまで入水しながらのランガン。波が結構激しいので、油断すると転倒してしまいそうなほど。この状況下でライジャケ無しは死ぬなぁと思いつつ、慎重に進んでいく。

途中、帰る途中の入水修行僧と遭遇。岐阜から来ているらしく、ビッグベイトとネコリグで釣っていたらしいが、異常はなかったとのことであった。やはりここは釣れないのか??

本当に釣れない

この辺りは比較的ウィードが濃い場所で、しかもそう遠くないところに生えている。そんなポイントでデス6を乱射しながら進む。基本はスローに巻いている。ウィードに絡ませて優しくほぐして外す、そんなこともしてみるが反応はない。それにしても今日は暑い。

見た目的にも釣れそうな雰囲気の場所であり、釣れるという噂も聞く場所なのだが、実績が作れない。ここで釣り人をみることもほとんどないので、釣れないのだろうか?しかし行列のできる店だけが、必ずしもいい店であるとは限らない秘密のマイポイントを作るためにも、今後重点的に通うこととする

ニゴイエリアへ移動

0時まで粘ったが何も起きないので、スピニングタックルに持ち替えて浜をランガンすることとした。前日反応があったもののバラシてしまったジャークベイトASURA925SPを引っさげてのランガン釣行である。


以前ニゴイが釣れたポイントへ向かいつつランガン。いつも人がいる場所へ行っても誰もない。おかしい、なぜ??

非常に蒸し暑い中、アシュラを撃ち込みトゥイッチアクションで魚を誘っていく。途中、これ以上進まない方が良い雰囲気の場所まで来たので、そこで引き返す。

安定のポイントへイン

時刻は1時前。ここまでなんの反応もなく、寂しい限りである。とりあえず魚に触っておこうということで、ジャークベイトだけで安定のポイントへ移動。前日と同じコースでトゥイッチするが、今夜は異常がない。時間的にも美味しい時間のはずなのだが・・・

10分ほど撃ち込んだ後、10分ほど場を休ませる。暗がりの中、スマホを触って時間が経つのを待つ姿は、常人には理解しがたい光景であろう。そんなことを思いつつ、再開。同じコースを引いてくるが、やはり反応無し。ルアーが違うか?魚がいないのか?

1時半を過ぎて終了。この日は蒸し暑い中4キロほど歩いたので、激しく疲労した釣行であった。

今後の課題

最近思うのは、安定ポイントをもう1つか2つ作っておきたい、ということ。よって、安定して釣れるポイントを開拓するため、実績のないポイントで実績を上げることを優先課題とする。当面は、この日行った場所に通うこととする。