魚の変化を待つのではなく、自分が変化する 2017年8月19日

2017年8月19日「湖西」釣果報告

手抜きのブログ更新。

夜遅くから出撃。ポイント周回に加え、なんとなくライトテキサスを試してみるがショートバイトが頻発するのみ。

いただいた助言を元に変化を加えたところ、40アップを水揚げ。

魚の変化を待つのではなく、自分が変化しなければならないと実感する良い経験となった。

釣りに行った日時・場所

  • 2017年8月19日(土)0時半頃〜3時半頃
  • 湖西エリア
  • 今年112回目の釣行

大会のプラを兼ねて出撃

23時頃に家族旅行から帰宅。その後出撃。

まずは必釣祈願として、道の駅「妹子の郷」のマスコットキャラクター「いももん」に祈祷。

妹子の郷のいももん

ポイント周回するが反応なし

0時半頃に現地着。風なしの鏡状態。ポイント周回を開始する。

まずは信頼と実績の「ゲーリーヤマモト ヤマセンコー4インチ」のノーシンカーリグからスタート。

リフトアンドフォールとボトムのずる引きで魚からの反応を待つ。

先日から反応が得られているポイントで反応がない。安定ポイントも反応なし。

べた状態ではしんどいか??

ライトテキサスを試してみる

何か根拠があるわけではないが、ロングワームのライトテキサスを試してみた。

ワームは「O.S.P ドライブクローラー6.5インチ」。シンカーは3.5グラム。

ヤマセンコーでは反応は無かったが、ライトテキサスに変えてからバイトが頻発する。

しかし全てショートバイト。コンッとアタリはあるがそれだけ。

あとはビビビビというギルっぽいアタリ。ギルなのか?小バスなのか?

何か変えないと結果は変わらない

ツイキャスしながらの釣行であったこともあり、Wのおっさんから助言、というか答えをいただく。

「何か変えないと、結果は変わらない」

当たり前のことであるが、なかなかできないこと。

改めてそれを指摘される。

指摘を受け、試しに変化を加えてみることにした。

ワームのサイズを下げ、「ゲーリーヤマモト カットテール4インチ」のネコリグにチェンジ。

ワームのサイズを下げるのが正解だったようである。

40アップを水揚げすることができた。ありがとうございました。

夜の湖西オカッパリで釣った40アップ

総括

「面倒臭がらずに試してみることが大切」ということを改めて実感。

試さないことで、取れていたはずの魚を逃している可能性がある。

ちょっと気がついたことや、考えたことを速やかに実行に移す実行力が必要。

単に魚に触ることだけを考えるのではなく、試行錯誤する過程、その結果が楽しめるように思考を変えていかなえればならないということか。

ひとつレベルアップしたと思いたい。