雨の回遊ポイントは小バス天国!奇妙な40UPは釣れた 2017年10月16日

「こんな冷たい雨の夜には釣り人はいないぜ、ひゃっほ~~」と油断しているであろうデカバスを仕留めるため出撃。回遊ポイントに陣取って我慢の釣りを展開し、変な体型の40アップと小バス2匹という中途半端な結果に終わる。

デス6で釣った40アップ

釣りに行った日時・場所

  • 2017年10月16日(月) 22時半過ぎ~1時前
  • 湖西エリア
  • 今年137回目の釣行

秋の長雨で魚は動くのか?

天気予報によると、今週は雨が続くらしい。秋の長雨というのだろうか。この時期の雨は冷たく、気温の低下を招くとともに水温を低下させる。濁りも入る。そのような変化が生じる悪条件とも思える中で、魚の活性はどう変化し、どのように動くのか?

特に、デカバスは動くのか?回遊しているのか?その答えを求めるため、この日は出撃することとした。

「こんな雨の日には釣り人はいない、俺たちの天国だぜ、ひゃっは~~」と、デカバスは油断しているはず。そんな魚を捕獲することを目指す。

こんな雨の夜でも釣り人はいる

幸い、この日は21時半頃に自宅を出発することができた、ひゃっほ~~。そして22時半頃に現地着。現場へ移動中は雨がきつめに降っていたが、現地へ着くと霧状の小雨に変わっていた。釣り人は誰もいない、と思っていたが、出撃直前の釣り人と準備中の釣り人を確認。

こんな日だからこそ釣れると考えてやってきたのだろう。お前ら・・・TOMODACHI!!本当にこの世の中いろんな人がいるものだ、と思いながら仕度を整える。使用ルアーは実績のデスアダー6インチノーシンカー、今日はこれだけでやる。そして闇の琵琶湖へインする。

デス6とメタニウムDC

まずは先日の開拓ポイントへ

風はなし、波もほとんどないがうねっていて釣れそうな雰囲気。雨もぽつぽつ降る程度。もっと波立って荒れ気味だとよかったのだが、さて、デカバスは動いているのか???

開拓ポイントでは軽く様子見。ブレイク周りをずる引きしてスタート。その後は巻き展開、異常なし。先日ここで40アップが2匹釣れたが偶然だったのだろうか?21時台が釣れるのだろうか?ともかく、今夜は長居する気はなかったので、早々に本命の回遊ポイントへ移動。移動中に雨がきつくなり始める。

回遊ポイントで水中をイメージする

時刻は23時。もしかしたら先行者がいるかもしれないと思っていたが誰もいない、ひゃっほ~~。デスアダーのキャストを開始。ずる引きを交えながら巻き中心の釣りを展開。ゆっくり表層近くを引いてくるイメージでゆっくり巻いているが、実際にどのレンジを引けているのかは不明。たまにウィードにあたる感覚が伝わってくるので、底の方を引いているだけかもしれないが、あまり気にしない。

水中をイメージすることが釣りにおいては重要、とWのおっさんが良く言っている。確かに、水中がどうなっているのか、ルアーがどの辺りをどう動いているのかを、漠然とでもイメージして釣りをするだけで、昔に比べて釣果は上がった気がする。実際にどうなっているのかは問題ではない、妄想することが大事である。

「釣れない、釣れない」と言っている人には、水中を想像し、魚が食ってくるところを妄想しながら釣りをすることを是非おすすめする。

化け物はいないのか?

23時過ぎに25cmくらいの魚が食ってきた。

デス6で釣った小バス
バス「なんや?」
Am「申し訳ありません」

デス6で釣った小バス
回遊ポイントで25cmはご遠慮いただきたい。デカイ魚は動いていないのか?まだその時間ではないのか?

途中で入水修行僧が現れる。お友達になれるかと期待したが、しばらくして姿を消す。雨はやんだり強く降ったりを繰り返している。

君、変な体型してるねぇ

小バスが釣れた場所を避けつつ小移動を繰り返し固定砲台、デス6のキャストを続けてデカイ魚が回遊してくるのをひたすら待つ。23時半過ぎになり、重量感のある元気そうなバイト発生。ガッツリ食っているようで、ラインテンションをかけてツンツンしても離す気配がないので、おりゃ~~~とあわせる。

なかなかの重量感、跳ねるバシャバシャ音もでかい。ひゃっほ~~~。引きがあまり強くないのが気がかりだが、弱らせながら寄せてくる。途中ウィードに潜られロックしたが、MHのアドレナで引っこ抜いて難なく水揚げ。
ガッツリ丸呑み。もしもしできたよ~~~。

デス6で釣った40アップ
Amメジャーによると46cm。さて、測定・・・

デス6で釣った40アップ
あれ?ん?40ぎりぎり?君、変な体型してるねぇ・・・

デス6で釣った40アップ
重量は1550g。人間で言うと座高が高くていじめられるタイプ。未来のバケモノといったところか?。

デス6で釣った40アップ

やはり小バス天国だった

気を取り直して続行。バイトは出るが小バイトのみ。足元バイトに瞬間的に合わせたところ魚が飛んできた。

20cmくらい。あかん、小バス天国や・・・

デス6で釣った小バス
小バス天国で粘る必要はないと判断し、1時前に終了とした。

総括

小バスの活性は高かった模様。しかし化け物との遭遇は次回に持ち越しとなった。周ってこなかったのか?食う気がなかったのか?まだまだ検証を進めていく必要がある。

今回、初めて雨の中でウェーディングしてみたが、特に支障もなく快適に釣りをすることができた。やはりレインウェアはそこそこのものを使ったほうが良いようである。

シマノ/XEFO レインウェア GORE-TEX BASIC SUIT RA-217P

この夜はそこら中から湯気が立ち上っていた。気温より水温の方が高いということ。かじかんだ手を水中に入れると温かく感じるほどであった。今週の雨続きで水温は低下の一途をたどるだろうが、水温はまだ20度近くあり魚にとっては快適温である。まだまだ釣れるはず。釣果を上げながら、ポイント開拓や化け物の捕獲等に力を入れていく。

釣れてけろ~~

自動販売機にはりつくアマガエル