ショートバイトしか出ないのはなぜ?冬の釣りに想いをよせる 2017年11月21日

2017年11月22日「湖西」釣果報告

一段と寒さを増す今日この頃。新しい防寒グローブが着弾したこともあり、琵琶湖へ出撃した。

防寒グローブをしていても手がかじかむ中、得られたのはショートバイト2回のみ。

本格的な冬到来までに何かを掴んでおかなければならない。そんな冬の釣りに想いをよせる結果となった。

XEFO・1.5mmクロロプレンEXS 3カットロンググローブ

釣りに行った場所・日時

  • 2017年11月21日(火)23時頃~1時半頃
  • 湖西エリア
  • 今年156回目の釣行

気温は3℃。今日も寒い琵琶湖

「パパはぁ、ばーつ(×)」。

4歳の息子の最近の口癖である。そんな息子を何とか寝かしつける。

その後、奥さんから「滋賀県に(独りで)住んだら?」との罵声。カウントダウンは始まっているのか!?

23時頃に現地着。平日の深夜だというのに先行者数名。お前たちナカーマ。

そして今日も寒い。気温は3℃。そして琵琶湖からは湯気が立ち上っている。

気温は3℃
1時までやるとして、2時間できる。前半と後半に分け、大きく2箇所を攻めることとする。

風はなし、波はややあり。水が動いており、いい雰囲気。釣れそうである。

一箇所目、デス6で表層からボトムまで攻めたが無反応

使うルアーはデスアダー6インチとした。最近流行っているスローリトリーブ作戦。

デスアダー6インチ パールグリッター
狙うのはもちろんブレイク。ブレイクへのアプローチ(角度)を変えるため、巻き始めのレンジを変えながら巻いていく。

水中をイメージしながら釣りをする。そして、ブレイクに差し掛かるタイミングで特に集中。

デスアダーがブレイクに向かってフワフワ泳いでいく姿を想像し、魚がバイトする瞬間を妄想するが、妄想に終わる。くそ~。

沖の方にあるウィード周りも攻めた。ボトムのずる引き。これも不発。くそ~。

ちなみに、水温は表層で13℃、水深1mのボトムで14度。やはりボトムの方が温かいらしい。そしてなぜか表層が14℃のエリアも・・・

久しぶりの回遊ポイントでショートバイト

0時になったので移動を開始。久しぶりの回遊ポイント。水が動いているので釣れそう。

ここではショートバイトが発生。「ツンツン」して離して終わりのパターン。小バスっぽい。

バイト直後にウィードに突っ込んだので、ボトムの方でバイトがあった模様。

これを受けボトム近辺を探る釣りに変更。着底まで待ってから、かなりゆっくり巻く。

ほとんど底ずる引き状態。魚がいれば食ってくるはず。

が、不発。小バスを相手にしていられないので、次へ。

化け物ポイント、春ポイントは無

化け物ポイントへ移動。安定した釣果は得られない化け物ポイント。

先日はここでもショートバイトがあったので、期待した何もなし。今日は違うのか?

春ポイントへイン。ここは高確率で魚がいるはず。が不発。なんでやねん。

そして水温高め(笑)

回遊ポイント再訪でまたもショートバイト

1時になるが釣れないので、回遊ポイントを再訪。

先ほどショートバイトがあった場所への一投目で、再度バイト。

「コンッ」という軽快なバイト。きたか!?

期待させておいてすぐに離すパターン(再)。もうええっちゅうねん。

しかしながら、ここには魚が集まってくるのだろうか?しばらくチェックする必要がある。

後は釣れたらラッキーの釣り。実績ポイント数箇所で数投して移動を繰り返す。

釣れるまでやり続けようかと思ったが、既に1時半。これ以上は危険。終了とした。

冬の釣りを考える

まとまっていないが、思ったことを書きなぐる。

バイトが2回発生したが、どちらもショートバイト。乗らなかった。

ワームのサイズが大きいから?小バスだから?活性が低いから?動かし方が早すぎるから?

ここ最近の釣行から推察すると、高確率でボトムに魚がいる。

ボトムの魚を捕りに行くのか?元気な魚を求めるのか?それによって釣り方が変わってくる。

スローリトリーブか?ダウンショットか?それともミドスト投入か?

ポイントの見極めも重要。一箇所でやりきるか、魚を求めて移動するか?

バイトは出たものの、この調子だと冬に釣れない気がしたこの日。本格的な冬到来までに何かを掴んでおかなければならない。

そんなことを感じた釣行であった。

それにしても寒い。この日着弾した「XEFO・1.5mmクロロプレンEXS 3カットロンググローブ」でも手がかじかむ。

XEFO・1.5mmクロロプレンEXS 3カットロンググローブ
帰路に着くころの気温は1℃であった。

気温は1℃

以上である。
バス釣り名人への道は続く・・・