冬の貴重なバイトが出たのにヘタクソすぎてすっぽ抜ける 2018年1月27日

雪上のメタニムDCとデスアダー6インチ

雪が降り積もる湖西へイン。ガイドの凍結、ライントラブル、その他の困難を乗り越えた先に待っていた冬の貴重なバイト。

またやってしまった、慌てて合わせてすっぽ抜け。ヘタクソバサーの本領発揮である。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年1月27日(土) 22時頃〜2時半前
  • 湖西エリア 曇り ほぼ無風
  • 今年7回目の釣行

雪が降っていないので出撃

寒い日が続く今日この頃。今週末は自宅待機しておこうと考えていたが、雪は降っておらず、現地の道路状況も良好そうだったので急遽出撃することとした。

22時頃に現地着。風はほぼなしだが、波がうねっている。今日こそは釣れそう笑

人はぼちぼちいる。準備中に遠くから人の声が聞こえる。しかも大音量。そんな大きな声出す必要があるのか?近所迷惑である。

本日の作戦だが、まずはミドストを試し、その後はデスアダー6インチの巻きで冬バスを狙うこととした。

ミドストでトラブル続出

一口サイズの4インチワームをジグヘッドにセットして釣りを開始。今日もワームは「デプス デスアダー4インチ(通称チビアダー)」を使用。

ミドストセット

この辺りの水深は2m〜3mのはず。そんなシャローゾーンを巻く。

開始2投目くらいで根掛かり、そして殉職。幸先が悪い。

なんとなくワームをチェンジ。「ゲーリーヤマモト シャッドシェイプ4インチ」をセットして釣り再開。

今度はワームだけが飛んで行ってしまう。ゲーリーはやはり脆い。

再度、チビアダーに変更。すると次はキャスト切れ。ロッドのガイドが凍っていたせいだろうか? ナイロンラインが劣化していたせいかだろうか?

お次はリールにラインが絡んでおかしくなる。なんでやねん。

今日はダメな日。そう考えミドストはやめる事にした。

魚の写真がないので雪上で記念撮影。

雪上の16ヴァンキッシュ

こうやってレンジを意識して巻いている

ミドストやデスアダーで巻く時は、なんとなく表層近く、中層、ボトムの大きく3つのレンジを意識している。

着水から巻き始めるまでの時間でレンジを決める。着水直後から巻くと表層、着水後3秒後くらいから巻くと中層、完全に着底させてから巻くとボトム、そんな具合である。

本当に自分が考えているレンジを巻けているのかは分からないが、なんとなくそんなイメージを持ってやるようにしてる。

うまい人は数十cm単位でレンジを刻んだり、水温躍層(サーモクライン)を考えてレンジを決めるそうだが、小生にそんなことができるはずがない。

ヘタクソのうちは、大体でいいのでイメージを持って釣りをすることが大事だと考えている。

デスアダーのデッドスロー

トラブル続出のスピニングはやめ、ベイトタックルに持ち替える。

定番の「デプス デスアダー6インチ」のノーシンカーデッドスロー作戦である。

雪上のメタニムDCとデスアダー6インチ

まずは休憩がてらボトム放置から開始。デスアダーを着底させて、そのまま放置する釣りである。

今日も反応がないので巻きの釣りに変更。

巻くレンジの決め方は先ほど書いた通りの着水からの時間で考える。まずは表層近くを攻め、次は中層。最後にボトムを巻くという流れで流していく。

異常がない中、ワカサギ掬い師(通称ワカサギ小僧)が襲来。残念なことにワカサギは姿を消しているのだが、ワカサギ小僧(通称小僧)は今宵も姿を現す。ワカサギいないから小僧は来なくていいよ!

釣り師も現れ始め、撃ちたい場所に入れなくなる。と、ここで集中力が切れる。時刻は0時、まだ時間はある。

ここで継続しても釣れる気がしなかったので、場所を移動することとした。

バケモノポイントで待望のバイト

行き先はバケモノポイント。最近行っていないので状況確認も兼ねて移動した。

誰もいないバケモノポイントへインしてデスアダーを巻き始める。

以前確認した枯れウィードがなくなっている。どっかに流れて行ったか?ちょっとは残っているはずと思い粘ってみたが異常なし。

比較的バイトが出る場所でマシンガンキャスト開始。ここで待望のショートバイトじゃないバイト。

「コッ」「コッ」と小バスっぽいバイト。ここで様子を見るべきなのだが、興奮しすぎて十分に重くなる前に合わせてしまう。そしてすっぽ抜け。

あ〜〜〜、またやってしまった。このヘタクソが!!!!!

あれほど重くなるまで待つって言ってたのに・・・ヘタクソすぎる。

ただ、魚がいることは分かった。やる気が出てきたので引き続き巻き続けるが、2回目のバイトはなし。冬の貴重なバイトは一発で仕留めなければならないということである。

それにしても今日はガイドがよく凍る。巻くレンジ、スピードに悪影響が出てしまうこのガイドの凍結をなんとかする方法を見出す必要がある。

最初のポイントに戻ったが異常なし

時刻は1時半を過ぎている。普段はこれくらいの時刻で終了だが、でらばす(バス釣り日記)の中の人が「冬は2時から3時までの時間帯で実績がある(キリッ)」と言っていたので、もうしばらくやってみることにした。

http://derabass.com/

最初のポイントに戻ると誰もいない。冬の醍醐味である貸切状態。ひゃっほ〜。

うねっていた波もなくなっている。やはり夜遅くになると湖流が止まるのか、水の動きが止まるようである。

誰もいないので手早く広く流していく。一箇所に止まらずすぐに移動するスタイル。

魚がいれば数投で食ってくるはずと考え、広く投げていくことにした。が、異常なし。

惰性の釣りになっていたこともあり、3時を待たず終了することとした。

今後の課題と対応

せっかく来たショートじゃないバイトをものにできなかった不甲斐なさ。

急いで合わせない。ちゃんともしもしする。離されたらチビだったと思い込む。

今年の最大の目標は慌てない、焦らない、これやな。

あとはロッドのガイドが凍結するのをなんとかしたい。集中力にも影響する。

とはいえ、大きい氷ができると面白かったりするのだが・・・笑

ということで、もう少しで釣るので冷ややかな目で見守っていただきたい。以上である。