ワカサギはいるのに固定砲台デスアダースローリトリーブは不発 2018年2月3日

「湖西」釣果報告

湖西で捕らえたワカサギ

朝からフィッシングショー大阪2018を楽しんだこの日、夜は琵琶湖へ出撃した。

ポイントをほほ一箇所に絞り、固定砲台方式でデスアダー6インチをスローリトリーブしてみたが、反応なし。

ワカサギの姿は見かけたのでポイントに間違いはなかったはずだが、次回以降はポイントを変えることを検討する。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年2月3日(土) 23時過ぎ~2時頃
  • 湖西エリア
  • 今年11回目の釣行

今夜は釣れる日なのか?

今日は朝からフィッシングショー大阪2018に行き、新製品を手にとって見るなど楽しんできた。

釣り道具を見るふりをして、コンパニオンを凝視していたのはここだけの秘密である。

さて、この日SNS上ではフィッシングショーの話題とデカバスの釣果報告が飛び交っていた。多くの人がデカバスを捕獲したらしい。今日は釣れる日なのか?

ついに私にもデカバスが釣れるはず。そう信じて琵琶湖へ出撃した。

風が強いのでデスアダーをノーシンカーで使う

23時ごろに現地着。

今日は微風のつもりだったのだが、思いのほか風が強い。

ここ最近取り組んでいるジグヘッドを使ったミドスト釣法は難しそうな雰囲気。風によってラインが流されることにより、ワームが変に流されてしまう。

うまい人は風の状態にあわせてキャスト方向やロッドの振り方を調整するらしいが、小生にはまだ早い。

よって、予定を変更してデスアダー6インチをノーシンカーでスローリトリーブする作戦を取ることとした。

デスアダーとメタニウムDC

まずはいつもの場所からスタート

ここ最近釣りをすることが多いポイントからスタート。冬に釣れるポイントとして考えていたが、出るのはショートバイトだけ。そろそろここは見切る必要があるのだろうか?

デスアダーのスローリトリーブ作戦開始。

狙いどころは中層からボトムに設定。着水後数秒してから巻き始める。ハイギアリールで一回転8秒から10秒かけて巻くくらいのスピードである。

スローに巻いていると途中からボトムに到達し、ボトムにガンガンあたるがそのまま巻き続ける。

時折放置プレイも交えてみるが、何も起きず。小一時間たったところで、今日はここじゃないと考えポイントを移動することとした。

化け物ポイントで固定砲台になる

移動先は化け物ポイント。今日はここで固定砲台になる、そう決意する。

水通しがよく、沖には急深ブレイクがあるため、デカバスがフィーディングするのに好都合な場所。

この化け物ポイントでは先日バイトが出たことから、粘る価値はあるはず。いつもはいない先行者もいる。期待に胸高まる。

少し沖まで立ちこんでキャスト開始。ブレイクと枯れたウィードが絡んでいる場所があったので、集中的に狙う。巻いたり放置したりリフトアンドフォールしたり。しかし異常はない。

ナイロンウェーダーだが結構いける

ウェーダーは透湿のナイロンウェーダーを使用。冬場はネオプレーンでないと冷たすぎて
厳しいときいていたが、ナイロンでもなんとかいけている。

ただし、指先は冷たい。冷たいというか凍傷になりそうなくらいで、感覚がなくなっていく。

先日からも言っているとおり、ネオプレーンのソックスだけでも購入する必要がある。ダイワかマズメか、そのあたりを物色することとする。

そもそもたちこむ必要があるのか?という疑問がないわけでないが、このポイントにおいては沖のディープ周りまでルアーを送り届けたいので、冷たさに耐えたちこんでいる次第である。

ワカサギの姿を発見、生餌にするため捕獲開始

2時を過ぎる。何も起こらない。今日は釣れる日ちゃうんかと。どうなっているのか?

釣れないのに加え、足が冷えてきたのでそろそろお開きの時間。

ライトで周辺を照らしてベイトチェックすると、数匹のワカサギを発見。おったんかい!

退却しながらワカサギ探索すると、数は少ないものの岸際に姿を見かける。ということは、バスも近くにいるのか?ポイント選定は間違っていなかったのだろうか?

それにしてもなぜ釣れないのか?不思議である。バスは本当にいるのか?その疑問を払拭するためひとつの作戦を始動する。

ワカサギライブベイト作戦である。

その辺にいるワカサギを捕らえ、針につけて沖に投げて泳がせる。バスがいれば食ってくるはず。

釣れたらデスアダーを口の中に放り込み、「デスアダーだから釣れた一匹(キリッ)」といってドヤ顔でツイートする作戦。

しかしワカサギの数が少ないこともあり、捕獲できない。やっと捕らえたと思ったワカサギはすでに死んでいるワカサギであった。

湖西で捕らえたワカサギ

こいつを投げても意味はない。ここで終了となった。

ワカサギをしばらく観察しているとわかったことだが、小石の隙間に隠れて逃げていくこともあるようだ。ボトムをずる引きするのも効果的ということだろうか?

次からは場所を変えてみる

いままでやっていた場所で全然釣れないので、原点のポイントに戻ることとする。

人が多いのでなるべく避けていたが、魚影の濃さはこの周辺でもっとも濃いはず。

そんな場所で固定砲台方式で釣りをする。これで2月は行くこととする。

冬は釣れないのが当たり前と思っているので、諦めるとか心が折れるとかは全くない。

魚紳氏風に言うと「絶対ヴァケモン釣ってやる、ブリッブリッのバケモンをがっつり釣るわ!」

そんな感じである。とりあえずネオプレーンのソックス買うわ笑