ダウンショットとミノーで鏡面のような琵琶湖をランガンしてきた 2018年3月14日

「湖西」釣果報告

ヨシノボリ

行き先を北湖東岸とするか湖西とするか悩んだ挙句、近場の湖西エリアへ出撃。

完全無風で鏡面のような琵琶湖が待ち受けていた。

ダウンショットで縦方向のアクションを試した後、ジャークベイトで横方向のアクションで探ったところ、謎のショートバイトが多発。

生命感が色濃い湖西であったが、バスを水揚げするにはいたらなかった。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年3月14日(水) 23時頃~2時頃
  • 湖西エリア
  • 今年28回目の釣行

行き先は東か西か?

21時ごろから我が家のモンスター2匹を寝かしにつける。長女は寝るモードに入ると、数秒で眠り始めるので大変助かっている。

問題は長男。こいつはなかなか寝ない。それでも今日は早めに寝てくれ、22時頃に出撃可能な状況となった。

さて、今日はどこへいくか?東か?西か?

最近は北湖東岸での修行をサボっている。避けているわけではなく、遠いだけ。時間もかかる。そしてガソリンの消費量が半端無い。どうしても行くのが億劫になってしまう。

ということで、近場の湖西エリアを選択。北湖東岸は週末の行くこととする。

カレントがあれば横アクション、無ければ縦アクション

この日はある仮説、というか決め事をした。

「カレント(水の流れ)があれば横アクション、カレントが無ければ縦アクション」というもの。

根拠はない。

強いて言えば、水の流れがあり波がたてば、バスをだましやすい状況。濁りが入ればなおのこと。よって横方向で食わせの釣り。

対して、べた凪であればバスをだますことは難しい。よって縦方向でリアクションの釣り。

こういう方針で釣りをすることとした次第である。

超べた凪で鏡面の琵琶湖

23時頃に現地着。完全無風で波一つ無い。本当に鏡のような琵琶湖。あらゆる光が琵琶湖に反射して光っている。綺麗である。

こんな状況なので、先に書いたとおり「カレントが無ければ縦アクション」ということで、ダウンショットで攻めることとした。

ダウンショットリグ

まずはワンド付近から始まる春ポイントへイン。入りたい場所にいきなり入らず、まずは離れたところから岸際チェック。

慎重に探っていると、遠くの方からキャスト音。小生が入ろうとしていた場所に先行者あり。なんでやねん。

着水音が良く聞こえるので、バイブレーションかミノーあたりを投げているのか?

仕方ないので反対方向に進んで探っていく。風も波も無いので本当に静かな琵琶湖。ちょっとした物音でバスは逃げてしまう可能性があるので、静かに慎重に行動する。

ダウンショットのアクションは縦方向のリフトアンドフォール。フォール時とステイ時に集中して魚からの反応を待った。

しかし、反応が全く得られない。一度バイトのような感触が得られたが、どうもコウモリアタック。コウモリとの戦いが始まる。

そしてなぜかのキャスト切れ。リーダーだけが飛んでいったのか?

水中を観察すると、岩にヨシノボリが張り付いていた。ヨシノボリパターンが有効なのか!?

縦方向で反応がないのでミノーを巻く

リーダーが切れて若干テンションが下がったが、この時点で時刻は0時前。まだまだ時間があるので、リーダーを結びなおす。ついでにポイント移動。

久々の回遊ポイントへイン。ここではジャークベイト(ミノー)を選択。

小一時間、縦方向のアクションで探ってみたが反応がないので、横方向を試してみようという考え。色々探って今日のパターンを掴みたいという意図である。

選択したルアーは「O.S.P ASURA (アシュラ)925 SP」

O.S.P アシュラ SP

今日はルドラではなくアシュラを選択。ただ巻きだけでなく、トゥイッチも試したかったので、操作しやすい軽量なアシュラを選んだ。

基本はただ巻きで探る。ただ巻きで反応がなければ、トゥイッチで攻める。

ロッドの先を下に向けて、横方向にやさしく2回トゥイッチ、そして数秒ステイ。これの繰り返し。トゥイッチした後はロッドを元に戻してラインが張らないようにする。

少しずつ進みながらアシュラで探ると、ショートバイトが多発。

最初は岩か何かに一瞬引っ掛かっているだけだと思っていたが、明らかに生命感。あわせることもできないようなショートバイトがやたらと発生する。これはニゴイなのか??

横方向に魚は反応するがバスは釣れず

ポイント移動しつつ、アシュラを巻く。するとショートバイトが多発。小バスでもなさそう。おちょぼ口のニゴイと思われる。

生命感があるのはいいのだが、ニゴイには用はない。

先日ルドラで釣れた春ポイントへイン。今日はバスにめぐり合えるだろうか?

岩付近のラインをゆっくりトレース。するとショートバイト発生。またかい!ルアーを回収すると何かがフックに引っ掛かっている。

ヨシノボリ

ヨシノボリである。なるほど、やはりヨシノボリパターンか!

ショートバイトの謎を突き止めるためダウンショットで探る

巻いても外道が反応するだけ。しかし、ヨシノボリを確認。魚の波紋もよく発生している。

ここはショートバイトの犯人を水揚げしておく必要がある。ということでダウンショットリグに戻して探ることとした。サイズ的にも3インチワームがヨシノボリのマッチザベイトである。

コウモリアタックが頻発する中、ダウンショットをマシンガンキャスト。リフトアンドフォールで魚からの反応を待ち続けたが異常なし。

沖に急深ブレイクがあるポイントでフルキャストしたところ、まさかのキャスト切れ。なんでやねん。

またリーダーだけが飛んでいった模様。いつも通りしっかりとFGノットで結束しているのだが、リーダーが10lbと細いせいで切れてしまうのだろうか?いつも以上にしっかりと結束すればよいのだろうか?

相変わらず風もなく波も無い琵琶湖。デスレイクである。既に時刻は2時を過ぎている。これ以上粘る必要も無いので、ここで終了。

釣果はヨシノボリ一匹であった。

今後の方針

腕の無さはさておき、まだまだ湖西エリアで安定して釣るのは小生には難しそう。先日の事故フィッシュを受け、最近は西で釣りをしているが考え物である。

出撃時間にもよるが、次回は南湖東岸でネコリグ釣行でもしたいと考えている。

あと、キャスト切れが気になる。ラインの細さによるものなのか、結束が不十分なせいか?今一度確認しておく必要がある。

ヨシノボリを確認したので、ヨシノボリを演出する釣りが有効なのかもしれない。ボトムのずる引きが有効か?

以前も増して自然観察ができている。これが釣果に結びつけばよいのだが・・・。修行はまだまだ続く。