南湖東岸を新規開拓してみたが結局同じ場所で釣れた 40UP×2 2018年3月18日

「南湖」釣果報告

南湖東岸で釣った40UPのブラックバス

前日の50UP水揚げに味をしめ、今夜も南湖東岸へ出撃。

この日のテーマは「誰も無いポイントを開拓する」に設定。一見、こんなところにバスはいるのか?と思ってしまうポイントを数箇所開拓してみた。

結果、前日釣れた場所と同じ場所、ほぼ同じ時刻に40UPが釣れるという結果に終わる。

釣りに行った日時・場所

  • 2018年3月18日(日) 23時頃~1時半頃
  • 南湖東岸エリア
  • 今年32回目の釣行

連続釣行6日目も南湖東岸へ出撃

何気に5日連続で釣りに行っている。正直なところ、しんどい。

今夜は出撃を控えて休養をとろうかと考えたが、もしかしたら今夜世界記録が釣れるかもしれない。

また、前日50UPが釣れたポイントを再訪し、再現性があるかを確認する必要もある。

そう思うと家にいるわけには行かない。世界記録が待っている。ということで22時過ぎに出撃を開始した。

南湖東岸の誰も無いポイントを開拓

今夜は前夜の再現性確認と新規開拓をテーマに設定した。

新規開拓においては、「誰も無いポイントを開拓」することとした。

人がいないポイントであれば簡単に食ってくるのではないか?人がいないポイントは本当に釣れないのか?一見、魚がいないポイントに本当に魚はいないのか?

それらを確認することを目的とした。

出撃前にGoogle マップでポイントを確認し3ヵ所ほど選定しておいたので、それらを撃って回ることとした。

一ヶ所目は水深50cmくらいのドシャロー

23時頃に現地到着。早速一ヶ所目のポイントへイン。

前日とほぼ同じような無風で鏡面と化した琵琶湖。

誰もいない。まぁそうやろ。釣れる感じはしない。しかし、多分バスはいる。

早速、撃ち込んでいく。今夜も「ゲーリーヤマモト グラブ」の4インチでダウンショットである。

ワームには特にこだわりはないが、夜でも良く見えるピンク色を使っている。

ゲーリーのワームは価格が高く脆いので、他のワームに乗換えを検討中。海釣りコーナーのワームでも物色しようかと考えている。

さて、撃ちこんで分かったことだが、水深は50cmくらい。琵琶湖の水位がプラス水位である今でこの水深。かなり浅い。

ということは水温変動が激しいということ。温かい日は魚がよってくるかもしれないが、寒い日にはどこかへいってしまうだろう。そんな場所。

今夜は気温が10℃以上あるので、ここに魚が残っている可能性は高い。

数十分やってみたが反応はない。魚がいれば食ってくるはずなので、これ以上粘る必要も無い。

撤収前にライトで水面を照らすと濁りが激しい。この濁りを嫌ってバスはどこかへ行ったのか?

2ヶ所目ではショートバイト発生

2ヶ所目へ移動。ここも水深があまりなく、50cm~80cmといったところ。

実はここでは、かなり前に50UPを釣るのを見たことがある。当時、こんなところにもバスはいるんだなぁと思ったものの、自分では釣れる気がしなかったのでスルーしてきた。

しかし今なら釣れる気がする。案の定誰もいないので好きな場所に撃ち込んでいく。

水もゆっくりと流れている。ボトムに色々と沈んでいるようでよく引っ掛かるが、その分魚がいる可能性が高い。慎重に探っていく。

光と影の境目あたりを通していったところ、「グンッ」というバイト。一瞬食っただけのようであった。おそらく小バス。

魚はいるようだが、小バスには用は無いので次のポイントへ移動。

撤収時にポイントチェック。ここも濁りはきつかった。

3ヶ所目も濁りがきつく、釣れる気がしない

3ヶ所目へイン。普通のバサーはこんな場所で釣りをしない。そんな場所。

人の気配が全くない中、ダウンショットをキャストしていく。

水深はほかの場所とくらべてやや深めで、50cm~1mくらいか?ここも濁りがきつい。

目に見える障害物やオーバーハングがある場所だったので、その周辺を念入りに探っていったがノーバイト。

こういう僻地的ポイントで釣った実績がないと、なかなか集中して釣りをすることは難しい。

魚がいないと考えてしまいがちだが、今夜はいなかったという風に考えるべきか?

恐らく一日中釣り人が訪れることは無いような場所なので、魚が油断していることは間違いない。よって、また再訪することとした。

前夜に釣れたポイントには釣り人が多かった

時刻は0時を回っている。ここから先は新規開拓ではなく、前日と同じ場所で釣れるのかを確認することとした。

昨夜は誰もいなかったのだが、今夜は釣り人がそこそこいる。しかし、撃ちたいポイントは空いている。

やはり人がいるから釣れるわけではないし、人がいないから釣れないわけではないというだろう。

周りの釣り人たちは、どうやらバイブレーションを遠投している模様。何をターゲットに投げているのか?

ライト点灯は当たり前、何気にせず琵琶湖方面を向いてライトを照らしてルアーを交換している。

恐らくライトで湖面を照らすことの弊害を知らないのだろう。彼らに罪は無い、知らないだけなのである。

ブログを通して啓発することが、人気ブロガーの責務。後日記事にする。

前日釣れたポイントで40UPが連発する

前日釣れたポイント周辺でキャスト開始。

しばらくすると「コンッ」という分かりやすいバイト。重くなるまで待ってからフッキングすると、ステラのドラグがジリジリ出ていく。引きは良いが重量感がない魚。

南湖東岸で釣った40UPのブラックバス

45cmくらい。

南湖東岸で釣った40UPのブラックバス

昨夜釣れた場所とほぼ同じ場所でバイトがあった。

写真撮影などをしてしばらく間をおいた後、ほぼ同じ場所にキャスト。すると再度「コンッ」というバイト。

先ほど釣れた魚と同じか?と思うほど似たような引きの魚であった。こちらは40cmちょっと。

南湖東岸で釣った40UPのブラックバス

釣れた場所は前日とほぼ同じ場所、時刻は0時半から1時の間。昨夜は1時頃に釣れた。

釣れた時の状況が似ている。ここはピンのポイントで、この時間帯は時合なのか?

この二日間の実績だけで結論付けることはできないので、今後さらなる実績を積んでいきたいところである。

その後1時半頃まで粘ったが反応なし。周りが釣れている様子もなかったので、ここで終了とした。

今後も新規開拓しつつ再現性を確認していく

しばらくは南湖東岸の新規開拓と、釣れたポイントでの再現性の確認を進めていく。

こんな場所だから釣れない、人がいないから釣れない、といった先入観は捨てて、あらゆるポイントを開拓していく。

同時並行で釣れた場所も再訪して実績を積み上げていく。

今週末は釣り大会があるので、それまでに釣れる実績ポイントを複数作っておき、大会当日に臨むこととする。

時間があれば北湖方面の開拓も進めていくつもりである。